SKケミカル、廃プラスチックリサイクル生産拡大の本格化…中国のSheye社と10万トン規模の工場建設

[SKケミカル、廃プラスチックリサイクル生産拡大の本格化…中国のSheye社と10万トン規模の工場建設]


 
SKケミカルが廃プラスチックリサイクル生産拡大のため、グローバルインフラ構築に本格的に乗り出す。
 
SKケミカルは25日、中国山東市で、中国グリーン素材専門会社「Sheye」と合弁投資法人(JV)を設立する了解覚書(MOU)締結式を行い、10万トン(t)規模の化学的リサイクル原料と20万トン規模の化学的リサイクル(CR、Chemical Recycling)コポリエステル(Copolyester)およびペット(PET)生産工場を建設することにしたと明らかにした。
 
SheyeはSKケミカルが昨年、230億ウォンを投資して10%の持分を取得し、化学的リサイクルプラスチック原料2万トンの購買権限(Off-take)を確保した業者だ。
 
協約を通じ、両社のJVは年間10万トン規模のリサイクル原料(r-BHET)を生産する解重合(Depolymerization)工場と、これを原料に20万トン規模の化学的リサイクルペット、コポリエステルを生産工場を建設し、グローバル市場に供給する計画だ。
 
建設に必要な工場敷地はSheyeが提供する。 敷地は既存の解重合第1工場と隣接しており、インフラ活用および投資費節減、管理および運営面で効率性を極大化するという腹案だ。
 
両社は今年中に本契約締結を完了し、来年初めに工場建設を始め、早ければ2024年末から商業生産に入る。 SKケミカルは新設法人の持分51%以上を保有し、経営権を確保することになる。
 
SKケミカルは今回の中国JV設立を皮切りに、廃プラスチックリサイクルグリーン素材を生産·供給するグローバルインフラ構築を持続拡大していく計画だ。 また、国内でも2025年、年間5万トン規模のグリーン素材生産設備投資も検討している。
 
SKケミカルは昨年、世界初の化学的リサイクルコポリエステルの商業化に続き、今年は化学的リサイクルペット「スカイペット(SKYPET)CR」の量産体系も構築した。 このように確保するインフラを通じ、2030年には化学的リサイクルプラスチック先導企業に成長するという目標だ。 また、SKケミカルはコポリエステル生産能力の拡大と共に、リサイクル素材の販売割合を2025年50%、2030年には100%まで増やしていく計画だ。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기