W+ODgeODp+ODu+ODlOODp+ODs+OCruODpeOBruOCs+ODqeODoF0g6Z+T5Lit5oqA6KGT5Y2U5Yqb44Gu56m66ZaT44Gv5aSa44GE
[チョ・ピョンギュのコラム] 韓中技術協力の空間は多い
[写真・執筆=チョ・ピョンギュ中国燕達グループ首席副会長] 米中貿易戦争は現在進行形だ。強国間の戦いで韓国経済にも少なからぬ悪影響があるのが現実だ。米中貿易戦争は短期間に終わる戦争ではなく、長期戦になる可能性が高い。米中両国は言葉では強く批判するが、実利を得るのに疎かにしない。相手の弱点を看破し、執拗に攻撃と防御をやりとりする姿勢を堅持している。特に、米国は自国の進んだ技術分野や市場を前面に出し、関税の報復で中国を圧迫している。 中国の習近平国家主席は今年5月、北京の人民大会堂で開幕し
2018-11-14 14:56:18
W+OCreODoOODu+OCsOOCoeODs+OCveOCr+OBruOCs+ODqeODoF0gIDIwMTnlubTluqbntYzmuIjopovpgJrjgZfvvJrjg4fjgqPjgrXjgqTjg4fjgqPjg7PjgrDjg7vjg53jgqTjg7Pjg4jvvIhkZWNpZGluZyBwb2ludO+8iQ==
[キム・グァンソクのコラム] 2019年度経済見通し:ディサイディング・ポイント(deciding point)
[写真・執筆=キム・グァンソク漢陽大学国際大学院兼任教授] 対象は違うが答えは違わない。「最近どうですか?」という筆者の質問に、就職の準備をしている若者も、家事を引き受けている主婦たちも、店を運営している社長たちも、給料をもらう会社員たちも、皆同じ答えを聞かせてくれる。「厳しいです。」 同じ答えに続き、同じ質問が続く。「今後、経済はどうなるでしょうか?」と。就活、生活、店の運営、会社の仕事に疲れた私たちは、これからどのように経済と産業が流れていくのかについて大きな疑問を抱いて生きていくが
2018-11-05 15:02:52
W+OCreODoMK344K444Kn44Oo44Oz44Gu44Kz44Op44OgXeOAgOOBk+OCjOOBi+OCieOBr+aUv+W6nOOBjOimj+WItumdqeaWsOOBruaEj+W/l+OCkuekuuOBmeaZguacn+OBoA==
[キム·ジェヨンのコラム] これからは政府が規制革新の意志を示す時期だ
[写真・執筆=キム・ジェヨン高麗大融合経営学部教授] 政府が再び新事業に対する規制革新の意志を表明すると、これによる影響も少なくない。イ·ナクヨン首相とキム·ドンヨン副首相兼企画財政部長官が相次いで規制革新に関する所信を明らかにした。これによって、ずっと係留中だった第4次産業革命関連の新事業に対する規制解決を求める声もまた力を得ている。もちろん、これによる反発も激しい。 タクシー業界は18日の早朝からストに突入した。ストを決めた理由は、カカオモビリティが新たに発売した「カープー
2018-10-26 16:49:56
W+OCreODoOODu+OCsOOCoeODs+OCveOCr+OBruOCs+ODqeODoF3jgIDjg4fjgrjjgr/jg6vjg4jjg6njg7Pjgrnjg5Xjgqnjg7zjg6Hjg7zjgrfjg6fjg7PvvIhEaWdpdGFsIFRyYW5zZm9ybWF0aW9u77yJ
[キム・グァンソクのコラム] デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)
[写真・執筆=キム·グァンソク漢陽(ハンヤン)大学国際学大学院兼任教授] 最近、70年の歴史を誇る米玩具販売大手の「トイザらス(Toysrus)」が経営破綻した。オフラインの売場での販売に重点を置いたトイザらスは、消費者がオフラインの売場ではなくオンラインを通じたショッピングへと移動し、バランスを崩した。子供らのおもちゃがスマートフォンやタブレットPCなどへと移り、トイザらスの立地がさらに狭くなったのだ。 日本の大手フィルムメーカーのコダック(Kodak)は、歴史の中に消えた代表的な企業の一つだ
2018-10-18 15:26:22
W+OCr+OCoeOCr+ODu+ODgeODo+ODs+OCveOCr+OBruOCs+ODqeODoF0g5LuK56eL44CB5LiN5YuV55Sj5biC5aC044Gr54++44KM44KL54++6LGh
[クァク・チャンソクのコラム] 今秋、不動産市場に現れる現象
[写真・執筆=クァク・チャンソク都市と空間代表] 不動産市場で秋夕(チュソク・旧盆)以降の買収の問い合わせが途絶え、住宅市場が極度の低迷に陥った。秋夕の直前に出た「9・13対策」と「9・21対策」など、政府が2回にわたって発表した不動産対策が効果を発揮したのか、そうではなければ、秋夕以降の伝統的な取引非需要期が始まったせいなのか、まだはっきり分からない。 過去、参与政府時代にも引越しシーズンに住宅価格が上昇し、引越しシーズンが終わるごろに不動産対策が出ると非需要期が始まり、市場が低迷した経験
2018-10-02 15:10:35

エンタメ

一覧へ