[ホン・ジュンピョのコラム] 宇宙での領土争い、そんなに遠い話ではない

[写真・執筆=現代経済研究院のホン・ジュンピョ首席研究委員]

新年を迎え、今年は本当に変化と革新の元年にならなければならないと思う。私自身も今までやってきた習慣から抜け出したいと願う。過去に安住し、新しいことを恐れてためらうのではなく、何か必要であれば積極的に学び、一度試してほしい。韓国社会と国家も新しいことを試みることに対して規制するよりは応援する雰囲気が定着できることを願う。

昨年とは異なる今年、過去と違う未来のためには何かを学ばなければならない。技術の発展が欠かせない。新しい技術は人間の欲望を満たす方向に発展してきた。人間にできる機能を拡張させる方向に発展してきたのだ。世界的に有名な文明批評家および現代思想家であるマーシャル・マクルーハン(Marshall McLuhan)は、彼の名著「人間拡張の原理 : メディアの理解(Understanding Media:The Extensions of Man)」で、すべての技術が人間機能の拡張だと主張した。服は皮膚の拡張であり、コンピューターは頭脳の拡張であり、電気は中枢神経の拡張であり、メディアは感覚機能の拡張だと語った。多くの技術が集まっている自動車は、人間の足が拡張されたものだと言った。遠くまで速く安全に行くための人間の欲望が実現される機構である自動車は、今や単純に「足」を拡張しただけでなく電気機器で制御されており、快適な空間で音楽を聞きながら休息まで提供する空間に変貌している。人間の頭脳や中枢神経、感覚機能など人間のすべてを拡張した技術の総合体の地位を見せている。

自動車の機能をアップグレードするとしたら、どんな姿だろうか。自動車は水平的な移動だけに限るが、上下に移動しながら人間の「足」の機能を拡張するのは飛行機であるだろう。都心の空を利用して移動するシステムは、もはや想像の中でしかできない遠い未来の話ではない。実際、都心航空移動(UAM・Urban Air Mobility)は今や複雑になった都市発展および過密問題解決のために現代都市が必須に備えなければならない機能だ。航空分野の技術専門家の意見を聞いてみると、PAV(Personal Air Vehicle)技術に対する研究開発投資が急がれると主張する。PAV技術には騒音・公害を低減する「eVTOL(Electric Vertical Take-Off Landing)技術」と将来の電装環境に適した「高速垂直離着陸(HSVTOL・High-Speed Vertical Take-Off and Landing)技術」、外部環境に自ら対応して目標地点まで飛行しPAV運用の経済性確保を可能にする「自動運転技術」などがPAV開発の鍵となるという。

個人的には「韓国は厳しいだろう」と判断した分野は宇宙分野だった。宇宙はあまりにも遠く、私たちのものではないような気がしていた。しかし、2023年を迎えて今は私たちにもできるという一つの分野になった。2022年に韓国が宇宙時代を開くことになった2つの大きな事件があったためだ。昨年6月、純粋な韓国の国内技術で完成したヌリ号が成功裏に打ち上げられ、米国、欧州、中国などに続き、1トン級以上の実用衛星を打ち上げることができる7番目の国となった。また、12月には月探査船「タヌリ」号が月の軌道に成功的に進入し、真の宇宙探査力量を確保した。今後、月着陸船など後続宇宙探査を推進できる基盤を用意したのだ。

グローバル宇宙市場や産業および技術トレンドは発射体、人工衛星および宇宙探査分野で急激に変化しており、この分野も世界の先頭国家は米国だ。発射体分野のうち、再利用発射体分野ですでに米国は民間企業(Space X)が市場を牽引し、費用を画期的に節減するのに大きく寄与した。人工衛星および宇宙探査分野で米国をはじめとする他の国々も今は民間企業の宇宙市場参加が拡大している。小さな衛星だとしても、その機能が高度化し、大量生産が可能になって生産コストが大幅に減少しているためだ。宇宙探査活動が科学的探求に止まるのではなく、経済的に見ても実際に利潤を創出することが目の前で現実化している今、この時点では宇宙空間を巡り主導権争いが激しく展開されている。宇宙領土に対する所有権主張で葛藤が高まる状況があまりにも遠い話ではないだろう。

このような状況で遅れを取らず、未来への跳躍のために航空および宇宙の戦略的価値と機会を明確に理解する努力が必要だ。すなわち、国内市場や産業および技術水準と限界点を明確に認識しなければならない。そのような認識の上に、既存の政府主導の研究開発中心システムからもう少し拡張し、民間の航空宇宙力量を最大限活用できる環境を整える必要がある。政府R&D事業に民間が参加して技術を蓄積できる機会を持続的に提供しなければならない。短期間に利潤が創出されなければ参加しない企業の属性を認知し、彼らが航空および宇宙分野に進入して引き続き活動できるよう、多様な誘引制度を用意し長期的なロードマップを用意るすものの、短期的な観点から企業に提供できるインセンティブについて考えなければならないだろう。韓国の内需市場が狭いという限界を克服するために海外市場を探さなければならないが、この時に公的開発援助(ODA)等を活用して発展途上市場を開拓する方法が役に立つことを期待する。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기