サムスン重工業-Equinor、海洋EPC強化のために戦略的協力

[サムスン重工業-Equinor、海洋EPC強化のために戦略的協力]


 
サムスン重工業がノルウェー最大のエネルギー企業であるEquinorと長期的な協業体系を構築する。 これを通じ、海洋EPC(設計·調達·施工)事業の競争力をさらに強化するという戦略だ。
 
サムスン重工業はノルウェー最大のエネルギー企業であるEquinorと「戦略的協力合意書」を締結したと29日、明らかにした。 今回の合意を受け、両社は海洋プロジェクト分野で実質的な利益増進に向け、長期間協力を強化する。 具体的に両社は経営陣が参加する定期協議体を構成し、中長期事業戦略と協力分野の拡大方案を議論する。
 
昨年の売上が909億ドル(約131兆ウォン)に達するEquinorは、世界石油·ガスプロジェクトの主要発注先の一つだ。 最近、新再生エネルギー分野に事業領域を拡大している中、サムスン重工業とは2002年の半潜水式生産設備「クリスティン」の下部構造物を皮切りに、これまで多様な海洋プラントプロジェクトで協業してきた。
 
サムスン重工業はEquinorとの今回の協約を通じ、海洋プラント事業部門の安定的な運営が可能になると期待している。 サムスン重工業のオ·ソンイル造船海洋営業本部長(副社長)は“サムスン重工業がグローバルエネルギー企業と戦略的パートナーシップ関係を公式化したのは今回が初めて”とし、“Equinorが現在検討中の新しい海上原油·ガス開発事業部門で、両社間協力の幅と深さを加えていくだろう”と強調した。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기