W+OCreODoOODu+OCteODs+ODgeODp+ODq+OBruOCs+ODqeODoF0g5Lit5Zu95biC5aC044CB44Gq44Gc6Z+T5Zu95LyB5qWt44Gu44CM5aKT44CN44Gq44Gj44Gm44GE44KL44Gu44GL77yf
[キム・サンチョルのコラム] 中国市場、なぜ韓国企業の「墓」なっているのか?
[写真・執筆=キム・サンチョル元KOTRA北京・上海館長 ] 数年前から中国を外国企業の墓場という。あらゆる有名グローバル企業も中国に進出したら敗退し、撤退することになることを皮肉っていう言葉だ。世界最大手流通企業のウォルマートをはじめ、テスコ、ベストバイはもとより、韓国のロッテマート、Eマート、新世界(シンセゲ)、現代ホームショッピングなども、次々に撤退したり、撤退準備を進めている。グーグル、ネットフリックス、ウバー、ヒューレットパッカードなど、有数のIT企業も例外なく中国と決別している。店舗数
2019-03-11 12:53:44
W+OCr+OCqeODs+ODu+OCquODqOODs+OBruOCs+ODqeODoF0g6YCP5piO44Gq5a+E5LuY44CB44OW44Ot44OD44Kv44OB44Kn44O844Oz5oqA6KGT44GM6Kej5rG65aOr
[クォン・オヨンのコラム] 透明な寄付、ブロックチェーン技術が解決士
[執筆=クォン・オヨン韓国ガイドスター常任理事(写真=財団法人KOREA GUIDE STAR提供)] 国税庁が発表した国税統計年報によると、2017年、韓国の寄付金は約12兆9000億ウォンであることが分かった。これは前年度の2016年比約2000億ウォン増えたもので、相次ぐ寄付団体の横領事件で凍りついた寄付文化を考えれば意外な増加だ。 昨年、寄付団体の透明性や効率性も大幅に改善された。国税庁の決算公示に基づいて韓国ガイドスターが公益法人の透明性や効率性を評価した結果によると、公示年度2018年に満点を受けた公益法人は143
2019-03-08 15:52:57
W+OCpOODu+OCteODs+ODnuODs+OBruOCs+ODqeODoF0g5YyX6ZaL5pS+44G444Gu5YKZ44GI44O744O744O744CM5Y2X5YyX5Y2U5Yqb44Gu54m55Yil5o6q572u44GM5b+F6KaB44Gg44CN
[イ・サンマンのコラム] 北開放への備え・・・「南北協力の特別措置が必要だ」
[写真・執筆=イ・サンマン慶南(キョンナム)大学極東問題研究所教授] 春が来たが春らしくない(春來不似春)。米朝間の共存のための決断と譲歩の美学が求められる時期が近づいている。ハノイ発の春風が韓半島(朝鮮半島)和平定着に薫風として作用することを首を長くして待っている。 北朝鮮は現在、安保型軍事国家の端から発展型経済国家に移らなければならない初期段階にある。この転換が成功するための前提条件は、経済開発のために安定的な国際環境を整えることだ。旧ソ連や中国などの社会主義国家は、建国初期の体制
2019-02-22 15:17:34
W+ODkeOCr+ODu+OCuOODp+ODs+ODgeODp+ODq+OBruOCs+ODqeODoF0g44OP44OO44Kk5Lya6KuH44CB44CM44Of44OH44Kj44Ki44Og44OH44Kj44O844Or44CN44Gu5a++562W5L2c44KK44GM5b+F6KaBIA==
[パク・ジョンチョルのコラム] ハノイ会談、「ミディアムディール」の対策作りが必要
[写真・執筆=パク・ジョンチョル統一研究院碩座研究委員] 今月末にハノイで開催される第2回米朝首脳会談に世紀の関心が集まっている。トランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)委員長は、昨年初め「核ボタンを持っている」と舌戦を繰り広げて戦争の危機まで呼び起こしたが、シンガポールで劇的に手を取り合って平和の場を切り開いた。ハノイの談判を控え、両者の高位層と実務陣が準備作業に熱を上げている。本格的な会談に先立ち、世論の動きや機先を制し、意中を探るなどの外交戦が活発に展開されている。 米朝首脳は、
2019-02-18 13:49:53
W+OCq+ODs+ODu+OCuOODpeODi+ODp+ODs+OBruOCs+ODqeODoF0g5LuK44GT44Gd56K644GL44Gq6Z2e5qC45YyW5o6q572u44GM5b+F6KaB44Gq5pmC5pyf44Gg
[カン・ジュニョンのコラム] 今こそ確かな非核化措置が必要な時期だ
[写真=聯合ニュース(2018年、シンガポールで開催された「米朝首脳会談」当時の金正恩委員長とトランプ米大統領)] 第2回米朝首脳会談に世界の耳目が集まっている。両者の交渉は、昨年6月のシンガポール首脳会談以降、足踏み状態を繰り返し、北朝鮮の核廃棄、すなわち「完全な非核化」は失踪した状態だ。核心は北朝鮮の具体的な非核化措置と米国の相応措置の程度をめぐり、トランプ大統領は北朝鮮の非核化確認に、金正恩(キム・ジョンウン)委員長は体制保障と経済発展のための米国の支援確保に転換した。 非核化
2019-02-15 15:23:08
W+OCreODoOODu+OCsOOCoeODs+OCveOCr+OBruOCs+ODqeODoF0g5rqW5YKZ5LiN6Laz44Gu44CM6auY6b2i56S+5Lya77yIYWdlZHNvY2lldHnvvInjgI3jgYzjgoTjgaPjgabjgY3jgZ/vvIE=
[キム・グァンソクのコラム] 準備不足の「高齢社会(agedsociety)」がやってきた!
[キム・グァンソク韓国経済産業研究院経済研究室長] 韓国は2018年に「高齢社会」に突入した。相当数の大衆はすでに高齢社会ではなかったか、という疑問を抱いている。韓国は2017年まで「高齢化社会」だった。65歳以上の高齢層が全体人口の7%以上の場合は高齢化社会(agingsociety)であり、14%以上なら高齢社会(agedsociety)に分類する。高齢化社会は「歳をとっていく社会」を、高齢社会は「すでに歳をとった社会」を意味するという点で大きな違いがある。韓国の高齢者割合は、2017年13.8%から2018年14.3%へと上昇し、高齢化
2019-02-15 13:31:57
W+OCpOODu+OCteODs+ODm+OBruOCs+ODqeODoF0g55Sf55Sj5oCn5ZCR5LiK44GT44Gd5oiQ5Yqf44Gu44Kr44Ku44Gn44GC44KL
[イ・サンホのコラム] 生産性向上こそ成功のカギである
[執筆=イ・サンホ韓国建設産業研究院長(写真=亜洲経済)] 2019年初めから最低賃金の引き上げや所得主導や成長といった政府の経済政策をめぐる論争が熾烈だ。政府の経済政策の批判論者たちは、生産性を超えた賃金を支給する企業は持続可能ではないという。所得主導の成長は、生産性向上が後押しされなければならないと指摘する。しかし、いざ生産性向上のために何をどうすべきかについての論争は多くない。 第4次産業革命についての議論も似ている。まだまだ第4次産業革命の本質が生産性の革命だという事実はあまり強調さ
2019-01-30 15:56:41
W+OCpOODu+OCuOODp+ODs+OCpuOBruOCs+ODqeODoF0g5a626KiI6LKg5YK144Gu44CM6YGO5aSn6KmV5L6h44CN44KC5Zuw44KL
[イ・ジョンウのコラム] 家計負債の「過大評価」も困る
[写真・執筆=イ・ジョンウ前IBK投資証券リサーチセンター長] 韓国経済で最も大きな危険要素は断然家計負債だ。規模が大きいだけでなく、過去より増加のスピードも速くなった。 韓国の家計負債の動きは2つの局面に分かれる。第一は2000年から2008年までだ。個人負債と公共負債を含めた総負債が毎年4.3%ずつ増えた。その結果、2000年以後9年間、国内総生産(GDP)対比総負債比率が93%に上昇した。スペインや英国のように不動産価格のバブルが起きた国と同様のレベルだ。カード負債の問題で信用問題に対する警戒心が高かった
2019-01-28 14:11:04
W+OCpOODu+OCueODr+ODs+OBruOCs+ODqeODoF0g57Gz5Lit6LK/5piT5Lqk5riJ44Go5Lit5Zu944Gu5qeL6YCg55qE5aSJ5YyW
[イ・スワンのコラム] 米中貿易交渉と中国の構造的変化
[写真=亜洲経済(イ・スワン論説委員)] 今月30~31日に米国と中国の貿易交渉を控えて緊張感が漂っている。習近平国家主席の「経済参謀で腹心」として知られる劉鶴副首相(66)は対米交渉チームを率いてワシントンを訪問し、トランプ政府の対中強硬派のロバート・ライトハイザー通商代表部(USTR)代表と談判を行う予定だ。昨年12月末に習主席とトランプ大統領が辛うじて合意した貿易戦争「90日休戦」の期限である3月1日までに交渉妥結が可能だろうか。事実上、今回の会談の結果にかかっている。 米中両国は今月7~9日、北京
2019-01-28 09:48:48

エンタメ

一覧へ