サムスン電機、昨年4四半期の営業利益1012億ウォン…前年比68% ↓

[サムスン電機、昨年4四半期の営業利益1012億ウォン…前年比68% ↓]


 
サムスン電機がグローバル景気低迷にともなうIT需要の萎縮で、昨年4四半期に実績不振を免れなかった。
 
サムスン電気は昨年4四半期の連結財務諸表基準の営業利益が前年対比68%減少した1012億ウォンと暫定集計されたと25日、公示した。 同期間の売上は1兆9684億ウォンで、19%減少した。
 
これは市場コンセンサス(証券会社の平均展望値)である売上2兆912億ウォンと営業利益1425億ウォンを下回る数値だ。
 
前四半期対比売上と営業利益はそれぞれ17%、67%減少した。
 
サムスン電機は4四半期のセット需要鈍化と季節的オフシーズンの影響で、IT向け積層セラミックキャパシタ(MLCC)およびカメラモジュールとモバイル向けパッケージ基板(BGA)など、主要製品の供給が減少したと説明した。
 
サムスン電機は今年、不確実な経営環境が持続するものと予想した。 これに対し、電装·サーバーなど成長市場関連事業を拡大し、事業体質改善に集中するという計画だ。
 
一方、サムスン電機は昨年、年間基準では売上9兆4246億ウォン、営業利益1兆1828億ウォンを記録した。 これは前年対比売上3%、営業利益は20%減少した数値だ。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기