[コロナ19] 満4歳以下もコロナワクチン接種・・・韓国「ファイザー製40万回分導入」

[写真=聯合ニュース]


乳幼児を対象にしたファイザー製の新型コロナワクチンが初めて韓国に入る。

新型コロナウイルス感染症(コロナ19)予防接種対応推進団は12日、生後6ヶ月から4歳までを対象にした乳幼児用ファイザー製のワクチン40万回分がこの日午後、仁川国際空港を通じて韓国に導入されると発表した。

乳幼児向けファイザー製ワクチンは欧州連合(EU)、米国などで条件付き許可・緊急使用承認を受けて接種に使われている。韓国の国内では昨年11月、食品医薬品安全処から品目許可を受けた。

製品名は「コミナティージュ0.1mg/ml」で、1回接種時の投与量は12歳以上の投与量に比べて10分の1である。推進団によると、米国内の6ヶ月~4歳4526人を対象に臨床試験を行った結果、ワクチンを3回接種した接種群3013人とプラセボ対照群1513人に対する安全性に大きな差はなかった。

導入したワクチンを実際に乳幼児接種に活用するか、活用時にいつから接種を開始するかは決まっていない。

推進団の関係者は「ワクチン活用可否を専門家諮問会議と予防接種専門委などで議論する予定であり、早いうちにその結果を案内する」とし「安定的なワクチン供給のために製薬会社と持続的に協議する」と伝えた。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기