サムスンスマートTV、ドイツ機関で「IoTセキュリティ」認証取得

[サムスンスマートTV、ドイツ機関で「IoTセキュリティ」認証取得]


 
サムスン電子のTVがモノのインターネット(IoT)機器として優秀なセキュリティ性を認められた。
 
サムスン電子は22日、欧州電気通信標準協会のコンシューマーIoT機器セキュリティ標準を満たし、ドイツの試験認証機関であるTUV SUDからセキュリティ関連認証を取得したと明らかにした。
 
今回認証を受けた製品は2022年型Neo QLED 4KとQLED 4Kラインナップのうち、224モデルだ。
 
コンシューマーIoT機器セキュリティ標準は、多様なIoT機器で発生しうるハッキングなどの脅威から消費者を保護するために作られた。
 
サムスンスマートTVは、欧州の情報セキュリティテストと認証手続きを通過することで、サイバーセキュリティリスクと露出から消費者を保護できる製品であることを改めて立証したという評価だ。
 
一方、サムスン電子は2008年、初めてスマートTVを発売した後、多様なアプリと機能を提供すると同時に、安全にスマート機器を使用できるよう、多様なセキュリティ技術を適用してきた。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기