SKケミカル、「廃棄物埋立ゼロ」検証獲得…「ESG経営成果」

[SKケミカル、「廃棄物埋立ゼロ」検証獲得…「ESG経営成果」]


 
SKケミカルが事業場「ゼロウエスト(Zero Waste)」実現を通じ、持続可能経営(ESG)強化に乗り出す。
 
SKケミカルは蔚山グリーンケミカル工場が応用安全科学グローバルリーダーであるULソリューション(Solution)から「廃棄物埋立ゼロ(ZWTL)」シルバー等級を受けたと24日、明らかにした。
 
廃棄物埋立ゼロ認証は企業の資源循環努力を評価する指標で、グローバル認証会社であるULが検証に乗り出す。 事業場廃棄物を焼却·埋立せず、資源として活用する比率により、シルバー(90~94%)、ゴールド(95~99%)、プラチナ(100%)等級を付与する。
 
今回にシルバー等級を受けた蔚山グリーンケミカル工場は、コポリエステルをはじめ、リサイクルプラスチック、バイオポリオール、高機能性コーティング·接着素材などを生産している。 廃棄物リサイクルは94%を認められた。
 
SKケミカルはグリーン素材生産工程で発生する廃棄物の埋め立てまたは焼却処理を最小化し、リサイクル率を極大化する努力を続けてきた。 その一環として、廃水処理場で発生する汚泥、廃木材ボイラーの焼却灰、コポリエステル生産で発生する副産物リサイクルを推進し、工場全体のリサイクル率を70%から94%まで高めた。 この成果をこの5ヶ月にわたる検証機関の書類検討と現場点検で、今回のZWTLシルバー等級を獲得したと会社側は説明した。
 
SKケミカルは事業場の廃棄物の源泉的な発生を抑制するため、「生産量対比原単位発生量」を指標として活用し、廃棄物減量成果を測定している。 また、廃棄物リサイクル率を極大化するため、追加リサイクルが可能な廃棄物を区分し、関連リサイクル技術保有業者を発掘し、リサイクル率を高めていく方針だ。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기