​KT、2年連続で「最高Wi-Fiネットワーク事業者賞」受賞

[​KT、2年連続で「最高Wi-Fiネットワーク事業者賞」受賞]


 
KTが19日(現地時間)、オランダ・アムステルダムで開かれた「WBAアワード」で、「最高Wi-Fiネットワーク事業者賞」を受賞したと20日、明らかにした。 KTは同日開催された「Network Xグローバルアワード」でも「デジタル革新主導」、「持続可能ネットワークプロジェクト」、「光線路構築ソリューション」部門も受賞した。
 
WBAアワードは、全世界のWi-Fi分野で優れた成果と革新を成し遂げた企業を選定する授賞式だ。 KTは2021年に続き、2年連続で「最高Wi-Fiネットワーク事業者賞」を受賞した。
 
最高Wi-Fiネットワーク事業者賞は、優秀なWi-Fi技術力と該当産業発展に寄与した業績のある企業に授与する賞だ。 KTはLTEを活用する公共交通機関Wi-Fiに5Gを適用して公共Wi-Fiの品質を高め、Wi-Fiルーター競争力を強化する技術開発の先頭に立ったという点を認められた。
 
Network Xは既存の「5Gワールドアワード」、「ブロードバンドアワード」、「TELCOクラウドアワード」を統合して作った行事だ。

今回KTがNetwork Xで受賞した「デジタル革新主導」部門は、2022年一年間、最も大きな革新を成し遂げた通信会社に与える賞だ。 KTは通信分野の力量を基盤に、人工知能、ビッグデータ、クラウドなどデジタルプラットフォーム企業に変化したという点を高く評価された。
 
「持続可能ネットワークプロジェクト」部門は、世界的に問題になっている炭素排出を減らすためにエコソリューションを提供した業者に授与する賞だ。 KTは「5G Energy Saving Technology」で、5G基地局で消耗される電力を技術的に制御し、炭素排出を減らしたと認められた。
 
また、KTは光線路障害発生時、5G無線網に迂回してインターネットサービスを持続できる「緊急復旧KIT」で、「光線路構築ソリューション」部門を受賞した。 KTは今後も災難状況に備えたネットワーク安全技術開発を持続する方針だ。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기