韓銀、今週ビッグステップ踏み切るか・・・ 家計の利子負担6.5兆ウォン↑

[写真=聯合ニュース]


金融負債を抱えている38万世帯あまりが、住宅をはじめ保有資産を全て売っても融資を完全に返済できないことが分かった。韓国銀行が12日、2回目のビッグステップ(政策金利0.50%引き上げ)に乗り出すと、全体貸出者の利子はなんと6兆5000億ウォンも増えると推算され、脆弱借主による金融リスクに赤信号が灯った。

10日、韓銀が国会企画財政委員会所属のカン・ジュンヒョン共に民主党議員室に提出した家計負債現況資料によると、2021年末基準で金融負債のハイリスク世帯は計38万1000世帯であり、ハイリスク世帯が保有した金融負債は全体金融負債の6.2%である69兆4000億ウォンに達した。彼らは現在、所得の40%以上をかろうじて元利金償還に注ぎ込んでいるが、全財産を売り払っても負っている融資を全て返済できない状況だ。

ハイリスク世帯より多少範囲が広い脆弱借主の割合は、今年第2四半期末6.3%と集計された。脆弱借主とは、多重債務者(3つ以上の金融機関から融資)でありながら低所得(所得下位30%)または低信用(信用点数664点以下)状態の融資者をいう。

大きな問題は国内外の高いインフレ(物価上昇)圧力と米国連邦準備制度(Fed・FRB)が先月3連続ジャイアントステップ(政策金利0.75%引き上げ)などで国内の政策金利と市場金利が急激に上がれば借主の負担が急増するということだ。

韓銀によると、政策金利が一度のビッグステップで0.50%ポイントだけ跳ね上がるだけでも、全体貸出者の利子は6兆5000億ウォン増える。利子増加分(6兆5000億ウォン)のうち、3000億ウォンは脆弱借主が、残りの6兆2000億ウォンは非適用借主が負担する役割だ。もし10月と11月に連続ビッグステップで1.00%ポイント高くなれば、わずか2ヵ月間で利子は約13兆ウォン急増することになる。1.00%ポイント引き上げにともなう脆弱借主の利子増加幅は7000億ウォンまで大きくなる。

ビッグステップを仮定した所得階層別利子増加額は △低所得層(下位30%)7000億ウォン △中所得層(30~70%)1兆7000億ウォン △高所得層(上位30%)4兆1000億ウォンと分析された。借主1人当りの利子負担は、ビッグステップで全体貸出者の年間利子は平均32万7000ウォン増加する。脆弱借主が25万9000ウォン、非障害借主が33万2000ウォンずつ追加で払わなければならない。1.00%ポイント跳ね上がると、全体貸出者の利子追加負担額は65万5000ウォン、脆弱借主の場合は51万8000ウォンに増加する。

韓銀の関係者は「脆弱借主比重が上昇傾向に転換したのは所得条件悪化や信用度変化など財務健全性低下だけでなく貸出金利上昇の影響も反映されたとみられる」と分析した。続けて潜在的金融システム不安要因として名指しし「民間負債水準が高い状況で物価上昇圧力とそれにともなう金利上昇は貸出者の債務償還能力に負担を与え金融市場変動性も拡大させる恐れがある」と警告した。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기