政府、「免税産業活性化対策」を盛り込んだ支援策を発表

[写真=聯合ニュース]


業績悪化で憂いが深い免税業界が韓国政府の免税産業支援策発表に喜んだ。特許手数料の負担を半分に減らし、送客手数料を正常化するという内容が含まれ、実績を反騰させる契機になるだろうという期待感からだ。

業界によると、関税庁は免税店が負担する特許手数料50%減免の恩恵を今年まで延長する案を検討する。

これに先立ち関税庁は前日(14日)「免税産業の活性化対策」を盛り込んだ15大課題を発表した。これには △特許手数料50%減免検討 △過度な送客手数料正常化、入国場免税品引渡し場設置、免税品オンライン購買許容などが含まれた。コロナ禍の長期化で経営難に陥っている免税産業の競争力を引き上げるという趣旨だ。

韓国国内の免税産業は2019年に売上高25兆ウォンを記録し、世界1位の仲間入りを果たした。しかし、コロナ禍の長期化で訪韓する海外旅行客が急減し、昨年の売上高は18兆ウォンに急減した。今年も事情はよくなっていない。7月の国内免税店の売上は前月より14.6%減った1兆2474億ウォンを記録し実績下落傾向を免れなかった。

免税業界は政府の規制緩和を歓迎する雰囲気だ。最も大きく期待できる支援策は特許手数料の減免だ。特許手数料は免税店が売上額対比一定比率を納付する制度で、免税店が営業赤字を記録しても売上額を基準にした手数料を払わなければならない。2019年免税事業者が支払った特許手数料は751億ウォンに達する。以後、コロナ余波で免税店が実績悪化で経営に困難をきたすと、政府は2020年と2021年の2年間特許手数料を50%減軽したが、今年分から100%納付しなければならない状況だった。

送客手数料正常化対策も収益性改善に役立つとみられる。送客手数料は免税店が訪問旅行客を集めたことに対する代価として旅行会社に支給する手数料を指すが、免税店の収益性を蚕食する主要因と指摘される。最近、免税店の売上対比送客手数料率は40%台に迫る。送出手数料率が現傾向に維持されれば、今年の送客手数料は昨年の規模を超えるだろうという観測だ。

業界の関係者は「特許手数料減免と送客手数料正常化は長い間業界が政府に要求してきた事案」とし「今回の対策発表は世界1位の韓国免税市場競争力強化のために政府が規制を緩和することに意義がある。特に送客手数料が正常化すれば収益性改善にも大きく役立つだろう」と期待した。 
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기