SKネットワークス"SKレンタカーなどすべての運送手段をエコカーに転換"

[SKネットワークス"SKレンタカーなどすべての運送手段をエコカーに転換"]



SKネットワークスが自社と子会社、孫会社が運営するすべての運送手段を2030年までエコカーに転換すると宣言した。こえwには子会社であるSKレンタカーが運営する車両20万台も含まれる。

SKネットワークスは企業のすべての運送手段をエコカーに転換し、温室効果ガスの削減に乗り出すグローバルイニシアチブ「EV100」に加入したと11日、明らかにした。

EV100の加入によって、SKネットワークスはSKレンタカー、SKマジックなど7つの子会社・孫会社とともに、エコカーへの転換を推進する。特に、20万台以上の車両を運営するSKレンタカーは業界最初のEV100加入という意味がある。

SKネットワークスはすでに「韓国型無公害車への転換事業(K-EV100)」参加宣言などエコカーへの転換を図るための行動を続けてきている。

1月に披露したソウル江東区「吉洞チェウム」1階には現代自動車とのコラボを通じ、韓国初の電気自動車専用充電所を構築しており、6月には子会社のSKレンタカーが済州島に韓国最大規模の電気自動車専用団地「SKレンタカー・EVパーク」作りに乗り出した。

一方、今回の加入で、SKネットワークスは韓国企業の中で、LGエネルギーソリューションに続き、二番目にEV100会員会社となった。

多国籍非営利機構「The Climate Group」が発足したEV100は2030年まで企業が所有・賃貸している運送手段をエコカーに転換し、これに必要な充電施設を構築するのが目標だ。

3.5t以下の車は100%、3.5t超の車両は50%転換が目標だ。参加企業はEV100参加の公開宣言とともに、段階的履行に向けたロードマップを構築し、定期的な報告を通じて評価を受ける。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기