デパート、韓中経済協力の期待感で中国人の売り上げ回復・・・新世界百貨店も遊客マーケティング再開

[写真=新世界百貨店]


サード(THAAD・高高度ミサイル防衛システム)を巡る対立で急減していたデパートの中国人による売上が回復されていることが分かった。

13日、新世界(シンセゲ)百貨店によると、先月の本店の中国人の売上は昨年同期より13%増加した。中国国慶節の連休だった先月1~8日、本店の中国人の売上は前年の国慶節比20%増えた。

サード葛藤の解消が本格化された今月(1~10日)に入ってからは本店の中国人による売上が23.6%増えた。光棍節が含まれた先週 (10∼11日)の週末の売上は37.7%にまで増加した。

新世界百貨店の本店の場合、中国人による売上が80%以上を占めるため、サード報復が本格化した4月から中国人による売上が急減していた。6月には-18.4%まで下がるなど、6ヵ月連続のマイナスを記録したが10月からプラス(+)に転換した。

中国人による売上回復の勢いが予想より早く現れ、新世界百貨店は中国人観光客を狙った遊客マーケティングを本格的に繰り広げると明らかにした。

14日には中国人ネットインフルエンサーであるワンホン(網紅)を招待して本店本館の外観に飾られたクリスマス装飾を中国最大の社会関係網のサービス(SNS)の微博で生中継する予定だ。

また、年末まで毎週末に中国人客が銀聯カードで50万ウォン以上決済の際に購買金額の10%の商品券で贈するほか、中国最大の旅行サイトCtrip(シートリップ)アプリケーションを利用する中国人顧客には新世界百貨店のすべてのブランドで使用できる5%割引モバイルクーポンも提供する。

一方、サード葛藤の解消に韓中経済協力が再び復元されるものと期待され、ソウル明洞いは中国人観光客が徐々に増えており、免税店にも中国観光客が増加している様子だ。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기