パク・チャヌク監督「別れる決心」、英アカデミー賞「監督賞・外国語映画賞」最終ノミネート

[写真=聯合ニュース]


パク・チャヌク監督の映画「別れる決心」が英国アカデミー賞で監監督賞督賞と外国語映画賞2部門に最終ノミネートされた。

英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)は19日(現地時間)、英国アカデミー賞と呼ばれるBAFTA賞の最終候補を発表した。

パク監督は2018年「お嬢さん」で韓国監督としては初めて英国アカデミー外国語映画賞を受賞した。

以後、2020年にはポン・ジュノ監督の「パラサイト半地下の家族」が作品賞、監督賞、外国語映画賞、オリジナル脚本賞など4部門にノミネートされ、外国語映画賞とオリジナル脚本賞を受賞した。

2021年にはチョン・イサク監督の「ミナリ」が外国語映画賞と監督賞、助演賞など6部門にノミネートされ、女優ユン・ヨジョンさんが韓国俳優としては初めて助演賞を受賞した。

一方、英国アカデミー賞授賞式は来月19日、ロンドンのサウスバンクセンターのロイヤルフェスティバルホールで開催される。


 
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기