[CES 2023] サムスン電子のハン·ジョンヒ副会長"進化したスマートシンスで超連結時代の大衆化の先頭へ"

[[CES 2023] サムスン電子のハン·ジョンヒ副会長“進化したスマートシンスで超連結時代の大衆化の先頭へ”]


 
サムスン電子のハン·ジョンヒ副会長が進化したスマートシンスで超連結時代の大衆化の先頭に立つと抱負を明らかにした。
 
ハン副会長は世界最大の技術展示会「CES 2023」開幕翌日の6日(現地時間)、米ラスベガスのシーザーズパレスで記者団と懇談会を行った。 この席で、ハン副会長は“一層強化されたセキュリティとモノの超連結生態系で享受する新しくて拡張されたスマートシンス経験を提供する”と述べた。
 
サムスン電子はAI基盤で顧客経験をさらに精巧にオーダーメード型で提供するため、スマートシンス生態系も開放と協業を通じて拡張し、連結されるデバイスとサービスをさらに拡大していく計画だ。
 
いつ、どこで、誰もが超連結経験を享受できるよう、技術開発と共に、生態系拡大の先頭に立って技術革新を越え、顧客経験を革新するということだ。
 
さらに、ハン副会長は革新技術で気候危機の克服に参加し、DX部門は2030年に炭素中立を達成すると述べた。
 
技術革新を通じて電力使用削減製品を開発し、製品の全生涯にわたって資源循環を極大化するなど、エコ製品と技術を通じて持続可能な経営のための努力も着実に展開する計画だ。
 
サムスン電子は廃漁網をリサイクルするなどリサイクル素材の活用を拡大すると同時に、パタゴニアと協業して開発したマイクロプラスチック低減洗濯機などのエコ製品も紹介した。
 
また、未来型エコ住居形態である「ネットゼロホーム(Net Zero Home)」、スマートシンスに連結された機器の消耗電力量を一目で確認できる「スマートシンスエネルギー」と「AIエネルギーモード」など、省エネソリューションも公開した。
 
画面の輪郭線、色彩と明暗対比を強調し低視力者の視聴経験を極大化できる「Reluminoモード」を2023年新製品に搭載するなど、接近性機能を大幅に強化した事例も紹介した。
 
また、サムスン電子はDX部門の「One Samsung」シナジーをさらに強化していく計画だ。 ハン·ジョンヒ副会長は超大型スクリーン製品など新しいライフスタイルを提示し、2023年にもTV市場1位を達成し、18年連続で世界1位に挑戦すると明らかにした。
 
大型スクリーン選好現象が明確に現れているTV市場で、サムスン電子は今年、98型8K Neo QLEDをはじめとする超大型製品を発売し、積極的に対応する計画だ。
 
また、マイクロLEDのスクリーンサイズを多様にラインナップを拡大するなど、新しいフォームファクタ事業も強化する。
 
生活家電事業をDX部門の成長動力になるように育成していくという抱負も明らかにした。 グローバル家電市場はTV市場の3倍を超える3400億ドル規模の大きな市場で、サムスン電子は「ビスポーク」を前面に出して家電新規需要を創出している。
 
サムスン電子はビスポークの顧客経験を高度化し、冷蔵庫·洗濯機·エアコンなどにAIエネルギーモード適用を加速化し、世界初·最高技術を適用した製品とINFINITEラインのようなプレミアム製品も拡大していく計画だ。
 
昨年、ギャラクシーZフォールド4とZフリップ4を発売し、フォルダブルの大勢化を早く実現したMX事業は、タブレット、スマートウォッチ、バッズなど多様なギャラクシー機器間のオーダーメード型連結経験を高度化する。 また、サムスンヘルス·ペイなど主力サービスも発展させていく計画だ。
 
ハン副会長は“技術革新で顧客価値を創出する本質に充実し、不確実性の高い対外経営環境を新しい挑戦の機会にし、絶えず革新していく”と強調した。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기