BTS、日本で海外アーティスト史上初の2年連続年間売上トータル1位

[写真=聯合ニュース]


グループBTS(防弾少年団)がもう一つの新記録を立てた。日本で海外歌手としては初めて2年連続で年間売上トップを記録した。

日本のオリコンが23日に発表した「年間ランキング2022」によると、BTSは「アーティスト別セールス」部門「トータルランキング」と「デジタルランキング」1位を席巻した。

BTSは昨年に続き今年も「トータルランキング」1位を占め、海外歌手としては初めて2年連続トップに上がった。日本国内の男性歌手を含めても、同順位図表(チャート)で2年連続1位を記録した事例はBTSをはじめ4チームしかない。

BTSは「ダイナマイト」(Dynamite)、「バター」(Butter)、「パーミッション・トゥ・ダンス」(Permisison to Dance)の再生数とアンソロジー・アルバム「プルーフ」(Proof)のデジタルアルバムダウンロードなどに力づけられ「デジタルランキング」でも1位に上がった。

「アーティストセールス」はシングル、アルバム、DVD、ストリーミングなど発表した作品の売上高を合算して順位をつける順位図表だ。様々な種類のアルバム形態を全て合算するため、その年に該当歌手が享受した総合的な人気を把握することができる。

BTSは「光栄な賞を受けることになったのはARMY(BTSファン)の皆さんをはじめ、私たちの音楽を愛してくださる多くの方々のおかげ」とし「今年は多様なところでコンサートを開き全世界のARMYの皆さんに会えて本当に嬉しかった。これからもより良い音楽で愛に応えることができるアーチストになれるよう努力する」と感謝の意を伝えた。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기