LG化学、米最大規模の陽極材工場の建設へ…テネシー州に4兆ウォン投資

[LG化学、米最大規模の陽極材工場の建設へ…テネシー州に4兆ウォン投資]


 
LG化学が年産12万トンの米国最大規模の陽極材工場を建設する。
 
LG化学は22日、米テネシー州クラークスビル(Clarksville)でテネシー州と陽極材工場建設業務協約(MOU)締結式を行ったと明らかにした。
 
LG化学はテネシー州クラークスビルの170万平方メートル余りの敷地に30億ドル(約4兆ウォン)以上を単独投資して工場を建設し、年間12万トン規模の陽極材生産能力を確保する計画だ。
 
これは年間高性能純電気自動車(EV、500km走行可能)約120万台分のバッテリーを作ることができる水準で、米国内の最大規模だ。 テネシー陽極材工場は来年1四半期に着工し、2025年末から量産に入る。 その後、生産ラインを増やし、2027年までに年産12万トン規模に拡大する予定だ。
 
テネシー工場は次世代電気自動車バッテリー用ハイニッケルNCMA(ニッケル·コバルト·マンガン·アルミニウム)陽極材を生産する。 生産ラインも熱を加える焼成工程設計技術を高度化し、ライン当たりの生産量を年間1万トン以上に引き上げたというのがLG化学側の説明だ。 この他にも会社はテネシー工場にスマートファクトリー技術を活用し、すべての生産工程の自動化と品質分析·管理システムを構築し、工場運営を高度化していく方針だ。
 
LG化学は工場敷地近くのテネシー電力供給会社と協力し、テネシー陽極材工場は太陽光と水力など100%再生可能エネルギーで稼動する計画だ。
 
会社は、米国インフレ削減法(IRA)が施行した後もテネシー工場などを通じて税制優遇を受けるものと期待している。 LG化学は、グローバル顧客企業がIRAの電気自動車補助金基準を満たすことができるよう、鉱物やリサイクル業者と原材料供給網の協力も推進している。 同時に、グローバル電気自動車メーカーとバッテリーメーカーの陽極材需要に対応し、生産能力を高めている。 LG化学は陽極材を含めた電池素材事業を2022年の売上約5兆ウォンから2027年約20兆ウォンへと4倍成長させるという目標だ。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기