サムスン重工業、「船舶用液化水素燃料電池システム」基本認証の取得

[サムスン重工業、「船舶用液化水素燃料電池システム」基本認証の取得]


 
サムスン重工業がエコエネルギー船舶のための努力を続けている。
 
サムスン重工業は液化水素燃料電池船舶推進システムの開発に成功し、ノルウェー船級であるDNVから基本認証を取得したと9日、明らかにした。
 
今回認証された技術は、液化水素と高分子電解質燃料電池(PEMFC)で電力を生産し、船舶推進のためのエネルギー源として活用するのが核心だ。 サムスン重工業は国内水素関連企業と共同研究を通じてシステム開発、先級認証を獲得したと説明した。
 
水素燃料電池は電力生産過程で温室効果ガスの排出がなく、未来のエコエネルギー源として注目されている。 これに伴い、世界的にこの分野の技術確保に努めている。
 
サムスン重工業も船舶用燃料電池技術の開発に着手し、核心技術を蓄積している。 先立って、水素燃料電池推進システムの商用化のため、釜山大学校水素船舶技術センター、DNV船級、国内企業などと共に、水素技術研究開発(R&D)·製作·認証までの協力体系を構築したりもした。
 
2019年には業界で初めて液化天然ガス(LNG)燃料を活用した固体酸化物燃料電池(SOFC)推進A-MAX級原油運搬船を開発し、船級認証も獲得した。 昨年はその適用範囲をLNG運搬船に拡大することにも成功した。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기