サムスンバイオロジクス、3四半期の累積売上2兆ウォン突破

[サムスンバイオロジクス、3四半期の累積売上2兆ウォン突破]


 
サムスンバイオロジクスがグローバルインフレ、景気下落の経営環境にも今年3四半期の累積売上2兆ウォンを突破した。
 
サムスンバイオロジックスは今年3四半期の連結基準で、売上8730億ウォン(6億4700万ドル)、営業利益3247億ウォン(2億4000万ドル)を記録したと26日、公示した。 これにより、今年の累積売上高(1四半期~3四半期)は連結基準で2兆358億ウォン(営業利益6708億ウォン)となり、史上初めて年間売上高2兆ウォンを上回った。
 
3四半期の製品販売量の増加および為替レートの上昇効果などの影響で、前年同期比売上は4223億ウォン(+94%)、営業利益は1573億ウォン(+94%)それぞれ増加した。 営業利益率は37%を記録した。 ただ、前四半期からサムスンバイオエピス買収で会計基準が変更され、前年対比直接比較は大きな意味がないというのが会社側の説明だ。 サムスンバイオエピスは4月、サムスンバイオロジクスの100%子会社に転換されたことがある。
 
サムスンバイオロジックスは3四半期の別途基準でも累積売上1兆6896億ウォン、営業利益6595億ウォンを記録し、昨年の年間実績(売上1兆5680億ウォン、営業利益5365億ウォン)を超過達成した。
 
サムスンバイオロジックスは2022年3四半期の別途基準で、売上6746億ウォン(5億ドル)、営業利益3114億ウォン(2億3084万ドル)を記録した。 原料医薬品CMO(医薬品委託生産)の販売量などの利益が増えた中、ウォン高の影響で、前年同期比売上は2239億ウォン(+49%)、営業利益は1442億ウォン(+46%)それぞれ増加した。
 
サムスンバイオエピスも堅調な実績を収めた。 エピスは今年3四半期の売上2698億ウォン、営業利益779億ウォンを記録した。
 
会社側は昨年3四半期、米国·欧州製品許可マイルストーン受領にともなう一時的基底効果で、前年同期対比売上は12億ウォン、営業利益は236億ウォン減少したが、グローバル市場での製品販売成果を土台に、今年毎四半期の売上と営業利益が成長する姿を見せていると説明した。 3四半期には「ヒューミラ」バイオシミラー(SB5)高濃度製剤の米国許可を獲得し、「プロリア」バイオシミラー(SB16)と「ステララ」バイオシミラー(SB17)の臨床3相を年内終了するなど、後続パイプライン開発にも拍車をかける計画だ。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기