与野党、丁世均首相候補者聴聞会を1月7〜8日に開催することに

[写真=亜洲経済 ユ・デギル記者 dbeorlf123@ajunews.com(丁世均国務総理(首相)内定者が18日午前、人事聴聞会準備団事務室に出勤し、記者たちの質問に答えている)]


丁世均(チョン・セギュン)国務総理(首相)候補者に対する人事聴聞会が、来年1月7〜8日の両日間にわたって開かれる。

国会人事聴聞特別委員会は26日午後、国会で委員長 - 幹事会議を開き、丁世均首相候補者に対する人事聴聞会の日程を確定した。

委員長の羅卿瑗(ナ・ギョンウォン)自由韓国党議員と与野幹事のパク・グァンオン共に民主党・キム・サンフン韓国党・チ・サンウク正しい未来党議員などは、この日の初の会合でこのように合意したと明らかにした。

ナ委員長は同日の会議が終わった後、記者たちと会って「任命同意案が金曜日の午後に提出されており、人事聴聞委員の選任も多少遅れた」とし、「特委(特別委員会)付託日15日以内である1月2日または3日に人事聴聞会をしなければならないが、その場合(時間が足りなく)まともな聴聞会を開くことができないと予想され、可能な限り期限を遅らせてもう少し充実した聴聞会をしようとする」と述べた。

丁候補者に対する任命同意案は、聴聞会の以後、本会議で議決されなければならない。スケジュール上、与野党の間で本会議の開催に対する合意が無難に行われる場合、李洛淵(イ・ナギョン)首相の総選挙出馬に向けた公職者辞退時限(1月16日)前の承認には大きな無理がないという観測が出ている。

証人採択と実施計画書の関連日程などは今月30日に議論することにした。人事聴聞会法に基づいて特委は、共に民主党6人、自由韓国党5人、正しい未来党1人、非交渉団体1人など13人で構成される。

民主党はパク・グァンオン議員とともにパク・ビョンソク、キム・ヨンホ、シン・ドングン、パク・ギョンミなど6人を、韓国党はナ・ギョンウォン、キム・サンフン議員とチュ・ホヨン、ソン・イルジョン、キム・ヒョナ議員が特委に参加する。正しい未来党ではチ・サンウク議員が、非交渉団体の分ではユン・ソハ議員が特委委員になった。

 
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기