韓国電力、アパートにも「電気料金の割賦」を可能に

              [写真=韓国電力]


電気料金分割納付対象から除外されたマンションも、これから恩恵を受けることができるようになる。

29日、韓国電力によると、今年の夏の異常高温で「電気料金爆弾」への懸念が大きくなると、7〜9月の料金が10万ウォン以上であったり、6月に比べて2倍以上に増えた場合、割賦対象月料金の50%を支払うと残りの金額は3ヶ月に分けて支払うことができる分納制を施行することにした。

問題は、この制度が一戸建て住宅と個別世帯に韓国電力が直接料金を請求する一部のアパート(163万世帯)にのみ適用されたというものである。大半のアパートは、韓国電力がマンション管理事務所との契約を結んでおり、世帯ごとに個別に割引することが難しいという理由で除外された。

しかし、一部にだけメリットがあることに置いて論議が発生すると、韓国電力は管理事務所を通じて世代別の割賦需要を把握し、9月5日のリードタイム(実際の使用期間7月15日〜8月14日)からアパート居住世帯も対応制度を適用することができようにすることにした。

分納を希望する世帯が管理事務所に申請すると、管理事務所は世代別需要を把握して納期までに韓国電力に通知すればよい。

(亜洲経済オンライン)


<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기