女優ユン・ジョンヒさん「死去」…享年79歳

[写真=聯合ニュース]


女優ユン・ジョンヒさん(79)が19日(現地時間)、フランス・パリで死去した。

映画界によると、アルツハイマー病を患ってきた故人は同日午後、フランス・パリで亡くなった。

1944年、釜山(プサン)で生まれた故人は、朝鮮(チョソン)大学英文学科在学中に新人女優オーディションで抜てきされ、1967年映画「青春劇場」でデビューした。

故人がが1960~1980年代に出演した作品がおよそ280編に達する。代表作には「神宮」(1979)、「危機の女」(1987)、「Manmubang」(1994)などがある。最後の作品は2010年イ・チャンドン監督の「ポエトリー アグネスの詩(うた)」で国内外の7つの映画祭で主演女優賞を受賞した。
 
一方、故人は2017年にアルツハイマー病闘病中だと知らせ、女優としての活動を中止していた。
 
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기