尹大統領の支持率37%・・・国民の力35%・共に民主党27%「誤差範囲外」

[写真=聯合ニュース]


国民の力と共に民主党支持率がそれぞれ上昇、下落し両党支持率が誤差範囲外に広がったという世論調査結果が出た。

12日、エンブレインパブリック・ケイスタットリサーチ・コリアリサーチ・韓国リサーチが今月9~11日(1月2週目)、全国成人男女1008人を対象に全国指標調査(NBS)を行った結果、政党支持率は国民の力35%、民主党27%、正義党5%の順だった。

国民の力は前週の12月第5週目に比べて3%p上昇した。しかし、民主党は1%p下落した。両党の支持率格差は8%pであり、誤差範囲(95%信頼水準から標本誤差±3.1%p)を外れた。
 
尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の国政運営評価について、「よくやっている」という肯定評価は37%、「間違っている」という否定評価は54%だった。肯定評価は直前調査対比3%p上昇し、否定評価は2%p下落した。尹大統領の国政運営に対する肯定的な評価は、昨年11月の第3週目以降、上昇傾向を続けている。

肯定評価の理由は「決断力があって」が43%で最も高かった。△「公正で正義があるから」(24%)△「約束した公約をきちんと実践して」(9%)△「国民との意思疎通」(7%)△「有能で合理的だから」(6%)△「統合して包容的だから」(4%)などだった。

否定評価の理由としては「独断的で一方的だから」が37%で最も高かった。続いて△「経験と能力が足りないから」(26%)△「適合しない人物を高位職に起用して」(9%)△「統合、ガバナンスの努力が足りないから」(8%)△「政策ビジョンが足りないから」(6%)△「約束した公約を実践していないから」(5%)の順だった。

国政運営の信頼度は、直前調査比3%p上昇した41%と把握された。「信頼しない」という回答は同期間と比べて1%p下がった55%だった。「中大選挙区制」の国会議員選挙導入に反対するという意見は50%、賛成意見は37%と集計された。
 

[写真=全国指標調査(NBS)]


<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기