金浦-羽田路線、週84回まで増便・・・コロナ前水準回復

[写真=聯合ニュース]


ソウル金浦と日本羽田路線の運航回数が従来の週56回から週84回まで拡大し、コロナ禍以前の水準を回復した。

国土交通部は7日、最近の韓日国際線旅客需要の増加傾向を反映し、金浦-羽田路線を週84回に増便することで合意したと明らかにした。

国土交通部は6月29日、金浦-羽田路線運行再開以後、日本国土交通省と共に両国国際線復元のための協議を続けてきた。

韓日国際線は2020年1月の週845回から9月には156回に急減した後、10月に209回、11月第1週に494回、第2週に516回、第3週に550回などで徐々に回復している。

今回の増便運航決定で2020年3月以降中断されていた金浦-羽田路線は、2回の増便を経てコロナ禍前の水準に完全に回復した。

金浦-羽田路線の実際の増便運航時点は該当路線を運航する4つの航空会社別に旅客需要および運航準備状況などを考慮して決定される予定であり、航空会社別の詳しい運航スケジュールは各航空会社ホームページで順次確認できる。

国土部は「今後、国際線需要増加を考慮して来年3月25日までに随時増便を推進する計画」とし「相対的に回復が遅い中国路線を復元するために中国航空当局とも積極的に協議中」と伝えた。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기