SKバイオサイエンス、ESG評価で全部門A等級以上獲得

[SKバイオサイエンス、ESG評価で全部門A等級以上獲得]


 
SKバイオサイエンスは韓国ESG基準院(KCGS)が発表した2022上場企業のESG(環境·社会·支配構造)評価および等級公表結果で、全部門「A」等級以上を受けたと25日、明らかにした。
 
会社は“コロナワクチンの独自開発を通じて社会的価値を創出し、今年初のESG報告書を発刊するなどの努力が認められた”とし、“社会部門「A+」、環境と支配構造部門はA等級を獲得した”と説明した。 特に、2022年はKCGSがグローバルESGの流れを反映し、環境社会支配構造の全部門に対する評価難易度を上昇させた初年度だったという説明だ。
 
SKバイオサイエンスは今後、持続可能な成長のためにESG経営活動もさらに強化していく計画だ。 このため、環境分野では▲環境経営体系の高度化 ▲Net Zeroの実現による気候変動への対応、社会分野では▲人材·人権経営の拡大 ▲地域社会的価値(SV)創出 ▲ビジネスを通じたSV創出 ▲グローバルバイオ生態系の構築、支配構造領域では▲ESG経営の内在化 ▲取締役会中心の経営強化などを8大戦略目標計画として策定し、履行している。
 
また、高度化したグローバルESG経営環境に歩調を合わせ、今月、ワクチン生産施設である安東Lハウスの環境経営システム国際認証ISO 14001を獲得した。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기