SKケミカルの化学的リサイクルコポリエステル、世界初の低炭素認証

[SKケミカルの化学的リサイクルコポリエステル、世界初の低炭素認証]


 
SKケミカルが世界で初めて「UL Solutions」でプラスチックリサイクルを通じた炭素低減効果が認められた。
 
SKケミカルは世界で初めて化学的リサイクルコポリエステル2製品群が炭素低減効果を認められ、グローバル安全・環境認証機関であるUL Solutionsから「環境成績表示最適化(EPD Optimization)」認証を取得したと23日、明らかにした。
 
また、SKケミカルは化学的リサイクルコポリエステルを含むコポリエステル9製品群(79グレード)の「UL環境成績標識(UL EPD)」認証も取得し、世界化学業界で「LCA(全過程影響評価)」に対する最多製品公認認証を確保した。
 
環境成績標識最適化認証制度は、2つの環境成績標識認証を比較し、製品間の温室効果ガスなど削減効果が確認されれば、環境影響を低減した製品、すなわち低炭素製品であることを認証する制度だ。 このためには第3者によるLCA評価を進め、これを公認認証機関を通じて認められる環境成績表示認証が先行されなければならない。
 
SKケミカルは3者検証を完了したLCAを土台に、▲スカイグリーン2製品群 ▲バイオ由来原料が適用されたエコゼン5製品群 ▲化学的リサイクル原料を使用した「エコトリアCR」2製品群を含め、コポリエステル計9製品群、72グレード製品に対してUL環境成績表示認証を受けた。
 
これを根拠に、世界で初めて化学的リサイクルコポリエステル(エコトリアCR、クラロCRの2製品)の既存石油基盤のコポリエステル対比15~17%炭素低減効果を認められた。
 
環境成績表示最適化認証を受けた化学的リサイクル素材「エコトリアCR」の平均炭素排出量は0.892kgCO2/kg(cradle to gate基準)水準で、生産過程で排出される二酸化炭素が一般プラスチック平均排出量より68%少ないエコ素材だ。
 
一般プラスチック1000トンをエコトリアCRに代替する場合、炭素排出量を1921トン減らすことができ、これは1304つのサッカー場の大きさの森を育てる効果がある。
 
SKケミカルは低炭素製品の生産のために再生原料の使用はもちろん、工場稼動に必要なスチームリサイクル、廃水処理過程で発生するメタンガス使用など、体系的なエネルギーおよび炭素管理システムを備え、持続的な改善を追求した結果、今回の低炭素認証を受けることができたと説明した。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기