​​​起亜、四半期最大の売上更新…品質費用に営業利益は42.1%↓

[​​​起亜、四半期最大の売上更新…品質費用に営業利益は42.1%↓]


 
起亜が四半期基準で歴代最大の売上を達成した。 ただし、営業利益は「シータ2GDIエンジン」関連品質費用の反映で、大幅に減少した。
 
起亜は25日、ソウル良才洞本社で、3四半期の業績発表を通じ、連結基準の売上23兆1616億ウォン、営業利益7682億ウォン、当期純利益4589億ウォンを記録したと明らかにした。 売上は前年同期比30.5%上昇し、四半期最高値を更新した。 ただ、営業利益と当期純利益はそれぞれ42.1%、59.6%下落した。 営業利益率は3.3%だ。
 
3四半期の販売台数は75万2104台で、前年比9.9%増加した。 国内では前年比6.2%増の13万2768台、海外では10.7%増の61万9336台を記録した。
 
国内販売は、専用電気自動車「EV6」をはじめ、第2世代「ニロ」などの新車効果が功を奏した。 特に、車両用半導体などの部品需給改善により、主要SUVモデルの待機需要を徐々に解消している。 海外販売はロシア圏域の生産中断が悪材料として作用したが、収益性がさらに高い他圏域に物量を転換した。 さらに、インド工場の3交代転換と「カレンス(インド)」および「スポーテージ」新車効果などに支えられ、ほとんどの圏域で増加傾向を見せた。
 
また、△生産正常化を通じた販売拡大 △商品性とブランド力向上にともなう仕様およびトリムミックス強化 △米国など主要市場で業界最低水準のインセンティブ設定を通じた「適正価格」価格政策 △1台当たりの販売価格上昇など高い収益構造改善を持続し、損益悪化を最小化したと説明した。
 
主要指標として売上原価率は原材料価格上昇で増加要因があったが、大幅な売上拡大に支えられ、前年対比2.3%改善された79.7%を記録した。 3四半期のウォン·ドルの平均為替レートは1338ウォンで、前年比15.6%上昇し、収益性改善に好材料となった。
 
販売管理比率は最近、シータエンジンの品質費用の反映と期末為替レートの上昇による販売保証費の増加により、前年比6.5%ポイント上昇した17.0%を記録した。 営業利益率が前年対比4.2%下落した3.3%を記録したのもこのような影響のためだ。
 
一方、起亜の今年第1~3四半期の累積実績は販売台数217万1590台、売上高63兆3949億ウォン、営業利益4兆6088億ウォン、当期純利益3兆3724億ウォンだ。 これは前年同期比それぞれ2.0%、20.4%、18.5%上昇に、4.0%下落だ。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기