現代自動車、 "電気自動車の販売はさらに増えるだろう…IRA対応、米合弁法人の設立を検討"

[現代自動車、 “電気自動車の販売はさらに増えるだろう…IRA対応、米合弁法人の設立を検討”]


 
現代自動車は24日、ソウル良才洞本社で、3四半期の業績発表会を通じ、来年の電気自動車販売目標を40%以上上方修正し、米国のインフレ削減法(IRA)法案に対応するため、現地の電気自動車バッテリーなど中核部品の調達のための合弁法人の設立を検討していると明らかにした。
 
現代自動車のク·ジャヨンIR担当専務は“来年の電気自動車販売目標は、今年の目標である22万台に比べ、約40%以上増加(約31万台)するものと見られる”とし、“アイオニック6は全体電気自動車販売の20%水準に当たる6万台以上を販売する計画”と述べた。
 
また、“3四半期基準でアイオニック6の販売台数は目標値を2660台超過し、国内の未出庫物量が4万台水準”とし、“今後、海外工場を通じた供給拡大に乗り出すなど、電動化転換の加速化に重要な役割を果たすものと見られる”と付け加えた。
 
国内の未出庫物量は75万台に達しており、出庫滞積解消のための努力も続けている。 現代自動車のユン·テシクIRチーム長は“3四半期末基準で国内未出庫車両は計75万台水準”とし、“未出庫車両の大部分がSUVとジェネシスで、年末まで高付加価値車種中心のミックス改善が続くものと見られる”と説明した。
 
続いて“4四半期から欧州でアイオニック6の販売を開始する予定であり、国内でも第7世代グレンジャーの発売を計画しており、新車による販売台数が持続的に増加するだろう”と伝えた。
 
特に、IRAに対応するため、バッテリーなど電気自動車の核心部品調達のための合弁法人の設立を検討する。 現代自動車のソ·ガンヒョン副社長は“米国は現代自動車の2030年電気自動車販売目標を達成するための核心市場”とし、“米国政府の協力の下、中長期戦略を悩んでおり、電動化核心部品需給のための合弁法人設立も考慮している”と述べた。
 
それと共に、“米国以外の地域の持続可能なバッテリー供給網を拡大する”とし、“米国ジョージア州の電気自動車専用工場は25日に起工式を開き、当初の目標通り2025年初めに量産される予定”と付け加えた。
 
この日の業績発表では、今年1月に現代自動車が目標とした年間卸売販売目標が約7%下方修正された。 クIR担当専務は“不透明な経営環境で、既存の目標である432万台を401万台に下方修正したが、友好的な為替レート状況と販売ミックス改善を通じた持続的な販売価格上昇などで、売上高成長率は既存13~14%から19~20%に上方修正した”とし、“営業利益率も既存の5.5~6.5%区間から6.5~7.5%区間に上方修正した”と述べた。
 
一方、現代自は3四半期の売上高が37兆ウォンを突破し、四半期基準で歴代最高値を更新した。 ただ、営業利益はシータGDiエンジン引当金1兆3602億ウォンを反映し、前年同期比3.4%減少した。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기