政府、深夜タクシー大乱の長期化で呼び出し料金5000ウォンまで引き上げ

[写真=聯合ニュース]


韓国政府が深夜時間の「タクシー難」による国民の不便を解消するため、現行最大3000ウォンの呼び出し料金を5000ウォンまで引き上げる案を年末までに首都圏に試験適用することにした。また、タダ・ウーバーモデルとリアルタイム呼び出し型深夜バスなどを導入し、タクシー代替手段を確保する。

まず国土交通部は深夜時間に限って現行3000ウォンである呼び出し料をタクシー呼び出しアプリだけを使う仲介タクシーは4000ウォン、カカオTブルーのような加盟タクシーは5000ウォンに調整することに決めた。

ただし深夜弾力呼び出し料を適用するかどうかは乗客の意思によって選択可能であり、現行の無料呼び出しも利用できる。呼び出し料は上限範囲でタクシー需要と供給に応じて弾力的に適用される。

政府が深夜時間のタクシー難による国民の不便を解消するため、現行最大3000ウォンの呼び出し料を5000ウォンまで引き上げる案を年末までに首都圏に試験適用することにした。 また、タダ·ウーバーモデルとリアルタイム呼び出し型深夜バスなどを導入し、タクシー代替手段を確保する。

まず国土交通部は深夜時間に限って現行3000ウォンである呼び出し料をタクシー呼び出しアプリだけを使う仲介タクシーは4000ウォン、カカオTブルーのような加盟タクシーは5000ウォンに調整することに決めた。

ただし深夜弾力呼び出し料金を適用するかどうかは乗客の意思によって選択可能であり、現行の無料呼び出しも利用できる。呼び出し料金は上限範囲でタクシー需要と供給に応じて弾力的に適用される。 
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기