NAVER、米最大のファッションプラットフォーム「Poshmark」2兆3000億ウォンで買収…グローバルコマース市場の先取り

[NAVER、米最大のファッションプラットフォーム「Poshmark」2兆3000億ウォンで買収…グローバルコマース市場の先取り]


 
NAVERは北米最大のファッション個人間取引(C2C)プラットフォーム「Poshmark」を買収すると4日、明らかにした。 買収金額は2兆3000億ウォンだ。
 
Poshmarkは2011年設立以来、計8000万人以上の使用者を確保しており、昨年基準の年間取引額(GMV)は18億ドル(約2兆6000億ウォン)、売上は3億3000万ドル(約5000億ウォン)に上る。 NAVERはPoshmarkの純企業価値を1株当たり17.9ドル(約2万5650ウォン)、純企業価値12億ドル(約1兆7000億ウォン)と評価した。
 
NAVERの今回の買収は、バーティカルプラットフォームへの進化が早まるグローバルC2C市場に先制的に対応し、長期的なコマース競争力を確保するために推進された。 ファッションや限定版あるいはブランド品など限定されたカテゴリー内で同じ関心事を持つ個人間の取引プラットフォームであるバーティカルC2C市場がヨーロッパと北米を中心に登場して成長を重ねる中、NAVERは国内ではKREAMを、日本ではVintage.Cityを成長させており、ヨーロッパではVestiaire Collectiveに投資するなど該当市場に持続的な投資を進めてきた。
 
NAVERは今回のPoshmark買収を通じ、C2C市場の中核地である北米地域を拠点に、韓国-日本-欧州をつなぐグローバルポートフォリオを構築することになる。
 
Poshmarkは北米市場ファッションC2C分野を先導する企業で、ソーシャルとコミュニティに強みを持つ独歩的な事業モデルを確保している。 NAVERとPoshmarkはいずれも△成長の核心要因として関心事基盤のコミュニティ形成に注目 △次世代市場の核心層であるMZ世代の価値観と消費方式に対する深い理解 △惜しみない技術投資など相互類似の事業ビジョンを基盤により大きな成長を作り出すことができるということに同意した。
 
両社は北米地域のMZ世代を中心に拡散しているウェブトゥーンとワットパッドを中心としたストーリー及びエンターテインメント事業とPoshmarkを通じたコマース事業間のサービス連携を強化していく計画だ。 また、NAVERが保有している検索および人工知能(AI)推薦およびビジョン技術、ライブコマース、コミュニティプラットフォーム、広告プラットフォームなどを活用し、Poshmarkの使用者に革新的な経験を提供し、新規事業モデルを発掘するなど多様な領域で新しい歩みを展開していく予定だ。
 
買収が終われば、PoshmarkはNAVERの系列会社に編入され、北米·オーストラリアとインドなどでPoshmarkの経営陣が同じブランドと事業アイデンティティを維持し、独立的な事業を展開していくことになる。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기