SKエコプラント·クーパン、ペギー物統合管理デジタル化に協力…排出から処理まで

[SKエコプラント·クーパン、ペギー物統合管理デジタル化に協力…排出から処理まで]


 
SKエコプラントとクーパンが廃棄物の透明で効率的な管理のために提携し。
 
SKエコプラントはクーパンフルフィルメントサービスと純環境制の達成に向けたエコプロジェクト共同推進業務協約(MOU)を締結したと28日、明らかにした。
 
SKエコプラントの廃棄物統合管理ソリューションは、廃棄物の排出から最終処理まで全段階をデジタル基盤で管理するシステムだ。 既存の電話中心疎通と反復文書作業、手記入力などをデジタル基盤に転換することで、業務生産性の向上と共に、廃棄物発生量低減、資源循環率向上などの効果が期待される。 蓄積されたデータに土台に、企業の廃棄物管理努力を数値化しつつ、環境経営成果を管理し、ESG(環境·社会·支配構造)関連公示に対応する力量も向上できる。
 
クーパンは昨年3月、ニューヨーク証券取引所に上場して以来、ESG経営強化のために革新的な流通、配送システムと物流自動化導入など、低炭素・エコ戦略を積極的に展開してきた。 さらに、全国約120事業場で発生する廃棄物管理領域でも新しい革新と社会的価値創出を悩んでいる状況だ。
 
協約を通じ、SKエコプラントはクーパンにデジタル基盤「廃棄物統合管理ソリューション」を適用する。 クーパンの「廃棄物排出-回収-運搬-最終処理」に至る全段階をデジタルに転換し、透明なデータ基盤の意思決定および成果証明を支援するシステムを提供することが骨子だ。
 
事業場数ヶ所の廃棄物データを統合的に管理できるだけに、正確で効率的な運営が可能だ。 廃棄物処理過程もPC、モバイル環境で簡単かつ直観的に確認できる。
 
クーパンは驪州FC(Fulfillment Center)を皮切りに、SKエコプラントのソリューションを活用し、廃ビニール·廃紙·廃合成樹脂など廃棄物を管理することになる。 この過程で収集された廃棄物データを基盤に、ESG経営成果を向上させ、資源循環比率を増加させるための解決策導出にも力を合わせる予定だ。 今後、SKエコプラントのエコエネルギーや関連ソリューションをクーパン事業場に導入するための協力にも乗り出すことにした。
 
SKエコプラントは企業買収や設備投資など有形資産の取得だけでなく、未来環境技術ソリューション開発組織であるエコラボセンターを中心に、AI·DT技術導入、革新技術開発など環境事業を高度化する努力を続けている。 特に、今回のデジタル基盤の廃棄物統合管理ソリューションは、従来の事業の改善レベルを超え、ソリューション基盤の持続可能なビジネスモデルを新たに創出したことに意義がある。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기