崔泰源SKグループ会長"米国の炭素削減に47兆ウォン投資…ESGで、気候危機を解決しなければならない"

[崔泰源SKグループ会長"米国の炭素削減に47兆ウォン投資…ESGで、気候危機を解決しなければならない"]


 
崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長が今後4年間、約47兆ウォンを投資し、米国の炭素削減に貢献すると明らかにた。さらに、ESG(環境・社会・支配構造)を基盤に、民間部門と公共部門が協力してこそ、グローバルサプライチェーンの問題や環境問題など全地球的問題を解決できると強調した。
 
崔会長は6日(現地時間)、米ワシントンDC付近で、チェ・ジョンヒョン学術院が作った「第1回目のトランスパシフィックダイアログ(TPD)」に参加し、このように述べた。崔会長はチェ・ジョンヒョン学術院の理事長も務めている。
 
崔会長は同日、TPDの歓迎晩餐会で、"北東アジアとインド・太平洋地域の地政学的環境がどの時より複雑になり、韓米日3国は多くの共通の挑戦に直面している"、"米中間の戦略的競争とインド・太平洋周辺国の総体的摩擦、北朝鮮の非核化問題、グローバルサプライチェーンの崩壊などが早急に解決しなければならない懸案"と診断した。
 
このため、崔会長は三つの解決策を提示した。彼によると、△第一に、集団参加コミュニティを活用することであり、△第二に、効果的かつ長期的な戦略 △第三は北東アジアが直面した地政学的現実と危険を正確に反映し、平和的に解決するソリューションを生みだすのだ。特に、民間企業と公共分野が集団参加コミュニティを活用して知恵を集めれば、地政学的リスク、グローバルサプライチェーン問題、気候危機などに対する解決策を見出せると強調した。
 
崔会長は気候危機など世界的な問題を解決するためのSKグループの努力と今後の計画も紹介した。崔会長は"一ヵ月前、SKの最高経営者(CEO)たちが一緒に集まって、炭素に関するミッションを遂行することにした"、"私たちの目標は炭素の削減で、2030年までに二酸化炭素の2億トン(t)を削減することだが、これは世界の削減目標量の1%に該当する非常に攻撃的な目標に該当する"と説明した。
 
このため、SKグループは米国で、今後4年間、400億ドルを投資し、米国内の炭素の低減にも貢献すると述べた。ユ・ジョンジュンSK E&S副会長とイ・ソクヒSKハイニックス社長、ナ・ソクグォン社会的価値研究院長などもSKグループと各関係会社の炭素削減努力を具体的な例に挙げながら紹介した。
 
同日から8日まで開催されるTPDは韓米日の前職・現職の高位官僚や学者、財界関係者などオピニオンリーダーたちが集まって、太平洋と北東アジアの各種懸案を分析し、対策を講じる集団知性プラットフォームで、崔会長が数年間構想して、今回初めて披露した。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기