ジンエアー、3四半期の営業損失445億ウォン…赤字幅の減少

[ジンエアー、3四半期の営業損失445億ウォン…赤字幅の減少]



ジンエアーは今年3四半期の売上高606億ウォン、営業損失445億ウォンを記録したと15日、公示した。前年同期比、売上げは13.4%増加し、営業損失は492億ウォンから47億ウォン減少した。

3四半期、コロナの再拡散で、国内外の旅客事業の回復が順調に進められず、ウォン安や国内線の供給競争の深化などの影響で、収益悪化が続いた。ただ、路線や機材の効率的運営と循環休職などを通じ、赤字幅を減らしたとジンエアー側は説明した。

ジンエアーの関係者は"4四半期からは段階的な日常回復への転換による国際線運航の再開や旅行心理の回復が期待される"、"1238億ウォン規模の有償増資を通じた資本拡充により、資本食い込みの解消が見込まれる"と述べた。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기