[CES 2023] サムスン電子、ハーマンと共に最適な乗り心地のための未来型モビリティソリューションの披露

[[CES 2023] サムスン電子、ハーマンと共に最適な乗り心地のための未来型モビリティソリューションの披露]


 
サムスン電子が米国ラスベガスで開かれた世界最大の技術展示会「CES 2023」で、ハーマン(HARMAN)と共に未来型モビリティソリューション「レディケア(Ready Care)」と「レディチューン(Ready Tune)」を公開し、ドライバーの日常と有機的に連結された車内経験を披露する。
 
サムスン電子とハーマンは、両ソリューションを中心に、車内搭乗者経験(In-Cabin eXperience、ICX)を最大化すると同時に、ドライバーの状態を把握し、安全な走行を誘導する未来モビリティの姿を試演した。
 
ドライバーの注意喚起·ストレスの少ない道へ案内···最適な走行環境をつくる「レディケア」
 
サムスン電子とハーマンが共同開発した「レディケア」は、車両がドライバーの状態変化を認知し、最上の運転コンディションを維持できるよう、関連機能を作動させる安全運転支援ソリューションだ。
 
レディケアの「認知不注意感知」は新たに開発されたマシンラーニング基盤技術で、ドライバーの状態変化を総合的に感知し、状況別オーダーメード機能を提供する。
 
車内のカメラとセンサーを通じ、ドライバーの表情、視線、目覚めた程度などを感知することで、ドライバーの視野と認知能力をリアルタイムで測定する。 もし運転者が前を見ながら運転はするが、他の考えに陥った場合は警告メッセージ、音響、照明、空調装置などで車内の環境を変化させて注意を喚起する。
 
レディケアの「ストレスのない経路案内」は、交通渋滞、天気変化などリアルタイムストレス要因を感知し、ドライバーのストレス水準を下げる経路を提案する技術だ。 ウェアラブル機器で測定した心拍情報を基に、ドライバーのストレス程度を把握し、車が渋滞したり天気が良くない時はストレスが少ない運転経路を提案する。
 
この他にもサムスン電子は車内経験と家の日常を連結し、より便利な生活を実現するスマートシンス基盤の連結性を強調した。
 
スマートシンスを通じて出発前に家で車両環境をあらかじめ制御したり、車の中で家の中の電子機器を制御することができる。 例えば、運転者が走行中に遠隔で家のTV、空気清浄機、照明などが休息モードで作動するように実行すれば、家に到着してすぐ快適な環境を享受することができる。
 
車内に入ってきたコンサートホール···パーソナライズされたサウンドで楽しさをアップグレードする「レディチューン」
 
ハーマンは没入感があり、差別化されたパーソナライズされたサウンド経験を提供し、ドライバーの心地よい走行を支援するカーオーディオソリューションである「レディチューン」も披露した。
 
レディチューンは、カーオーディオに搭載されたサウンド管理ソフトウェアを基盤に、使用者の特性と好みに応じたイコライザー機能を支援し、搭乗者の数や座席位置に合わせて最適化されたサウンドを提供する。
 
最近、消費者は自動車の中でも日常のような経験を期待している。 このような新技術を通じ、使用者の日常と車両が有機的に連結され、生活がより便利になるよう、サムスン電子とハーマンは差別化製品と技術革新で、新しい車内搭乗者経験を提供し、スマートシンス連携を通じて電装分野の先導的地位を持続的に強化する方針だ。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기