韓国銀行「対中国貿易黒字、付加価値を考慮すれば半分程度に過ぎない」

[写真=聯合ニュース]


韓国の国内貿易収支を現在のような総額基準ではなく、付加価値や所得基準で再算定時の対中国貿易収支黒字が半分ほど減少することが分かった。

30日、韓国銀行のイ・ヨンジェ課長とイ・スンハク調査役は調査統計月報「貿易収支の帰着分析:付加価値と帰属所得を中心に」報告書を通じてこのように明らかにした。

現在、総額基準の貿易収支は、財貨がどのような生産過程を経たかに関係なく、国境を越えるすべての輸出と輸入を単純集計する方式で作成されている。付加価値基準は特定国家が輸出する最終財輸出額から他国から輸入してきた中間財輸入額を制限付加価値をその国の輸出と見る概念であり、国際機関で重要性を強調している。また、最近学界を中心には外国人労働者の増加などを勘案し、生産要素に分配された所得を国籍別に計算して交易にともなう利益を計算する所得基準方式も議論されている。

これに対し韓銀が2014年と2020年貿易収支を色々な方式で比較分析した結果、韓国の対中貿易収支黒字額は総額基準では2014年に723億ドルだったが、付加価値および所得基準では半分水準である355億ドルと371億ドルに集計された。

一方、対米貿易収支の規模は付加価値および所得基準黒字額が総額基準とほぼ同じ(2014年)か、さらに大きい(20年)ことが分かった。総額基準は2014年158億ドルから2020年92億ドルに縮小されたが、付加価値基準は同期間145億ドルから201億ドルに、所得基準は106億ドルから219億ドルにそれぞれ増加した。

報告書は「総額基準だけで交易の実益を判断する場合、実際の付加価値や所得側面での実益とは相当な差が発生しうるだけに留意しなければならない」とし「このような結果を貿易政策樹立に活用する必要がある」と提言した。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기