国民年金の財政計算委初会議・・・「制度改善議論の本格化」

[写真=保健福祉部]


保健福祉部は28日、国民年金の構造改編方案を議論する「第5次国民年金財政計算委員会」の1回目の会議を開催したと明らかにした。

財政計算委員会は勤労者、使用者、地域加入者など加入者団体と専門家団体から推薦を受けた専門家、政府委員など計15人で構成される。

委員長は順天郷大学IT金融経営学科のキム・ヨンハ教授が務めた。政府側委員としては、イ・スラン福祉部年金政策局長とソン・チャンフン企画財政部経済構造改革局長が参加する。民間委員はクォン・ムンイル国民年金研究院長、キム・ビョンドク韓国金融研究院先任研究委員、オ・ゴンホ私が作る福祉国家政策委員長など12人だ。幹事は国民年金研究院のソン・ヘヨン年金制度研究室長が務めた。

委員会は第5次国民年金総合運営計画案を樹立するために、各専門委員会の議論結果などを基に国民年金などの制度改善事項を議論する予定だ。

同日の第1回会議では、委員会の運営日程や議論範囲など、運営方向を主に議論する。今後の財政安定化方案や老後所得保障方案、国民年金-基礎年金再構造化方案などを具体的に扱う方針だ。

政府は年金改革の根拠資料となる第5次国民年金財政推計に着手した。来年3月までに財政計算の結果を導き出し、国会年金改革特別委員会(特委)に伝える計画だ。政府は特委の議論を反映し、国民年金改善案を来年10月までに確定する方針だ。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기