KT、ズームとパートナーシップ締結…B2Bテレビ会議市場攻略の本格化

[KT、ズームとパートナーシップ締結…B2Bテレビ会議市場攻略の本格化]


 
KTはグローバルビデオコミュニケーションプラットフォーム会社のズーム(ZOOM)とパートナーシップを締結し、通信プラットフォームを結合した企業向け(B2B)サービスを披露すると23日、明らかにした。 韓国通信会社の中で初めての事例だ。
 
米カリフォルニア州サンノゼに本社を置くズームは、テレビ会議プラットフォーム分野の先頭業者で、昨年基準の売上高約6兆ウォン、時価総額32兆2000億ウォンを達成した。
 
今回のパートナーシップで両社は△ズームミーティングの国内市場拡散 △KT企業電話機能のズームフォンサービス構想 △KT有·無線協業ソリューションであるモバイルトーク(企業専用セキュリティトークなど)連係などの商品を披露する。
 
早ければ今年から韓国企業がKTを通じてズームミーティングを使用するよう支援する。 ズームミーティングはズーム社の代表的なビデオコミュニケーションプラットフォームで、時間·空間·機器に関係なく接続でき、会議·講義·カンファレンス·プレゼンテーションなどの用途で使われている。
 
また、ズームミーティングにKT番号を結合して通話機能を提供するズームフォンも来年発売する。 KT側は、クラウドベースのサービスであるズームフォンで、従来の複雑な企業電話インフラに代わることができると強調した。 特に、テレビ会議、一般通話と録音まで最新バージョンで提供すると言及した。 ズームフォン利用者は海外出張中にもローミングサービス申請なしに、既存番号でグループ通話機能を使用することもできる。
 
今回のズームとの協力で、KTモバイル協業ソリューションも機能が強化される。 業務用協業ツールをズームミーティングと連動させ、有線·無線通話基盤の協業ソリューションにテレビ会議機能まで結合した通信デジタル転換(DX)商品にアップグレードする予定だ。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기