サムスン電子、「グローバルブランドランキング」で1位

[サムスン電子、「グローバルブランドランキング」で1位]


 
サムスン電子がグローバル世論調査会社が実施したブランド順位調査で、初めてグーグルを抜いて1位に上がった。
 
20日、業界によると、世論調査会社のYouGovが最近発表した「2022年グローバル最高ブランド順位」で、サムスン電子は127点を得て、1位を占めた。
 
サムスン電子はこの調査で、2017年4位、2018年3位、2019年4位、2020年4位から昨年2位に躍り出たのに続き、今年は昨年1位だったグーグルに勝った。
 
グーグルは106点を獲得し、続いて△ユーチューブ(85点) △ネットフリックス(59点) △シンガポールオンラインショッピングモールのショッピー(51点)の順だった。 △ワッツアップ(50点) △トヨタ(41点) △コルゲート(34点) △メルセデス·ベンツ(34点)などが後に続いた。
 
YouGovはブランド別の印象、品質、価値、満足度、推薦度、評判を自社ブランドインデックス評価方式に基づいて調査し、38市場別のトップ10ブランド380つを選定した後、市場別1位に10点、10位に1点を与える方式で測定された総点をもとにグローバルトップ10を選定した。
 
サムスン電子は韓国、オランダ、ベトナム、アイルランドの4ヵ国で1位を占め、英国で2位、フランスで5位、米国で6位を占めた。
 
今年は昨年に続き、10位圏内にテック企業5社が選定されるなど、テック企業が強気を見せた。
 
また、トヨタとメルセデス·ベンツが新規参入するなど、自動車企業の人気が上昇した。 昨年8位と10位だったアディダスとナイキは10位圏外に落ちた。
 
一方、サムスン電子のブランド価値は2年連続で二桁の成長を記録した。
 
グローバルブランドコンサルティング専門業者のInterbrandが発表した「グローバル100大ブランド(Best Global Brands)」によると、サムスン電子のブランド価値は前年対比17%成長した877億ドル(約124兆5000億ウォン)で、グローバル5位を占めた。
 
サムスン電子のブランド価値は昨年の20%に続き、2年連続で二桁の成長を記録した。 サムスン電子はグローバルデータ使用増大による半導体部門ブランド価値が大幅に上昇した点を認められた。 サムスン電子はアップル、MS、アマゾン、グーグルなど米国企業が主に布陣した上位10大ブランドに含まれた唯一の韓国企業だ。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기