ロッテケミカル、「イルジンマテリアルズ」買収の最終段階…米国法人に2750億の有償増資

[ロッテケミカル、「イルジンマテリアルズ」買収の最終段階…米国法人に2750億の有償増資]


 
ロッテケミカルが韓国2位の銅箔製造会社であるイルジンマテリアルズの買収に速度を上げる。
 
29日、財界によると、ロッテケミカルは前日、取締役会を開き、会社の米バッテリー素材事業投資企業「ロッテバッテリーマテリアルズUSA(LBM)」の株式100株を2750億ウォンで追加取得する案件を議決した。
 
LBMを通じたイルジンマテリアルズ買収を推進するため、投資財源を確保するための有償増資を決めたというのが会社側の説明だ。
 
ロッテケミカルはまだ買収に対する最終確定を出したわけではないという立場だが、業界では買収代金確保のための案件が通過しただけに、事実上確定的だと見ている。
 
イルジンマテリアルズは、二次電池の中核素材である銅箔を生産する企業だ。 銅箔は厚さ10μm(マイクロメートル·100万分の1m)以下の薄い銅箔で、電気自動車とエネルギー貯蔵装置(ESS)二次電池陰極集電体に使われる核心素材として挙げられる。
 
ロッテケミカルは2030年までにバッテリー素材分野に計4兆ウォンを投資し、年間売上5兆ウォンを達成するという目標を立て、関連投資を拡大している。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기