サムスンテックフォーラム2022開催…米優秀IT人材の確保に総力

[サムスンテックフォーラム2022開催…米優秀IT人材の確保に総力]


 
サムスン電子が優秀な人材を確保するため、3年ぶりにテックフォーラム(Tech Forum)を開いた。
 
サムスン電子は22日と24日(現地時間)、「テックフォーラム2022:ディスカバーエクスペリエンス(Discovere Xperience)」を開催したと26日、明らかにした。 米サンフランシスコとボストンで、次世代IT技術分野の優秀人材を確保するための動きだ。
 
テックフォーラムはサムスン電子デバイス経験(DX・Devicee Xperience)部門が米国現地の優秀開発人材との疎通のため、2017年から運営している行事だ。 ただ、新型コロナで、2020年と昨年は実施しなかった。  
 
今年は2日間、米MIT、スタンフォード、カリフォルニア工科大学、UCバークレーなど北米地域の主要大学の博士200人あまりを大挙招待した。 これと共に、サムスンリサーチ研究所のスン・ヒョンジュン所長(社長)、サムスンリサーチ・アメリカ研究所のノ·ウォンイル所長(副社長)、サムスン電子のナ·ギホン人事チーム長(副社長)などが出席した。
 
スン社長は“全世界の数多くの人がサムスン電子の機器を使用しており、製品は彼らの生活に溶け込んでいる”とし、“だが、私たちは新しい時代と挑戦の中で、「考えのリーダー」になって、技術をより良い価値のために使い、正しいところに活用しようとする全世界的談論に参加しなければならない”と述べた。
 
続き、彼は“サムスン電子働くということは技術を通じて人々のより良い暮らしを導き、さらには考えと文化のリーダーになることを意味する”とし、“未来を作る旅程に参加してほしい”と強調した。
 
さらに、別途のテックセッションには人工知能(AI)、ロボット、ビッグデータ、ディスプレイなど4分野に対するサムスン電子役員の発表と質疑応答、深みのある討論が行われた。
 
最後にナ副社長が△成長のための多様な経験 △研究開発に没頭できる組織文化および福祉などについて発表する「キャリアビジョン(Career Vision)」セッションが行われた。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기