現代自グループ「アイオニック5-EV6」、グローバル販売台数10万台突破

[現代自グループ「アイオニック5-EV6」、グローバル販売台数10万台突破]


 
現代自動車と起亜の専用電気自動車「アイオニック5」と「EV6」が今年1~7月、グローバル累積販売10万台を突破したことが分かった。 これは中国市場を除いて、電気自動車全体の販売台数4、5位に当たる。
 
25日、電気自動車専門メディアのCleanTechnicaによると、現代自動車のアイオニック5と起亜のEV6の今年1~7月の累積販売台数がそれぞれ6万985台、4万8131台を記録した。 両車種の合計は10万9116台だ。 CleanTechnicaは純電気自動車(BEV)とプラグインハイブリッド(PHEV)を合わせたプラグイン自動車で、電気自動車の販売台数を集計して発表する。
 
販売順位ではアイオニック5が13位、EV6が18位だが、中国国内市場だけで販売される中国在来ブランドモデルを除けば、販売順位は4位と5位に当たる。 同期間、世界で最も多く売れた電気自動車モデルは34万4928台のテスラ「モデルY」で、23万6518台のテスラ「モデル3」、8万2632台のフォルクスワーゲン「ID.4」が後に続いた。
 
アイオニック5とEV6は現代自動車グループ専用電気自動車プラットフォーム「E-GMP」で作った各社初の専用電気自動車だ。 両モデルは昨年発売され、それぞれ「2022世界今年の車」と「2022欧州今年の車」を受賞するなど、世界の電気自動車市場をリードする代表モデルとして浮上した。
 
現代自動車グループはアイオニック5とEV6のほか、ジェネシス「GV60」と「アイオニック6」を発売し、電気自動車のラインナップ拡充に拍車をかけている。 起亜は来年4月中に大型電気SUVである「EV9」の発売を予告している。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기