現代ロテム、ポーランド国際防衛産業展示会に参加…「K2戦車」の優秀性をアピールする

[現代ロテム、ポーランド国際防衛産業展示会に参加…「K2戦車」の優秀性をアピールする]


 
現代ロテムは6日(現地時間)から9日までの4日間、ポーランド・キェルツェで開かれる「第30回目の国際防衛産業展示会(MOSP)」に参加すると7日、明らかにした。 MSPOはポーランドで1993年から毎年開催される国際防衛産業展示会で、ポーランド国防省と国営防衛産業グループであるPGZが公式後援している。 昨年は新型コロナの拡散の中でも、計28ヵ国400あまりの防衛産業業者が参加し、地道な関心を集めている。
 
現代ロテムはポーランドに「K2戦車」輸出契約締結以後、初めて参加する展示会だ。 K2戦車輸出事業と関連した対外広報と営業活動に力量を集中する計画だ。 ポーランドをはじめ、主要K2戦車輸出推進国と主要防衛産業企業との地道な協力体系を構築し、未来技術力を積極的にアピールするという構想だ。
 
現代ロテムは7月、ポーランド軍備庁とK2戦車の緊急所要およびポーランド型K2戦車などに対する基本契約を締結し、先月にはK2戦車の1次引き渡し分に対する実行契約まで終えた。 史上初のK2戦車の海外進出だ。
 
現代ロテムは展示会期間中、ポーランド国営防衛産業グループのPGZと未来兵器体系事業協力のための業務協約(MOU)も締結する。 協約を通じ、今後、PGZグループとの交流および協力増進が行われるものと期待している。 今年6月に開かれたフランスのユーロサトリ展示会期間中にも現代ロテムはPGZグループと戦車および装甲車の共同開発MOUを締結している。
 
展示会期間中、現代ロテムのブースでは戦車主力事業館と未来核心技術館などが設けられ、各国政府と軍関係者を迎える予定だ。 ブース前にはK2戦車模型と車輪型装甲車模型、次世代戦車および車輪型装甲車模型が一緒に展示された。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기