現代ロテム、ポーランドとK2戦車輸出実行契約…4兆5000億ウォン規模

[現代ロテム、ポーランドとK2戦車輸出実行契約…4兆5000億ウォン規模]


 
韓国軍が主力として使用するK2戦車が初の海外進出に成功した。 先月、ポーランドと締結した1000台規模の輸出基本契約に対する実行契約を26日(現地時間)に締結したのだ。
 
現代ロテムはポーランドのモロング地域でポーランド軍備庁と4兆4992億ウォン規模のK2戦車輸出契約を結んだと29日、明らかにした。 今回の契約には緊急所要が発生した1次引き渡し分180台に対する細部条件が盛り込まれた。
 
今回の輸出は、韓国が戦車完成品を輸出した初めての事例だ。 韓国戦車の技術力·品質を海外で認められ、今後、他の国に進出することにも肯定的な影響を及ぼすものと期待される。
 
2014年に量産·実戦配備を開始したK2戦車は、韓国独自の技術で開発され、現在、韓国軍の主力戦車として活躍している。 独自開発を通じて核心技術を保有しており、需要者のニーズに合わせた戦車を生産できるというのも長所だ。
 
現代ロテムはポーランドが次世代戦車導入計画を発表した時からポーランド進出を図った。 2020年にはK2戦車をポーランドオーダーメイド型に改造した「K2PL」を提案した。 現代ロテムは政府と軍の積極的な支援と協力が行われ、K2戦車の史上初の輸出に成功することができたと説明した。
 
現代ロテムは今回のポーランド輸出物量を合わせるため、防衛産業関連人員の新規採用を拡大する計画だ。 韓国軍に納品するK2戦車の3次量産分に、ポーランド輸出物量まで加わり、生産能力を拡大する必要があるからだ。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기