サムスンSDS、3四半期の売上3兆3813億…前年比14%増加

[サムスンSDS、3四半期の売上3兆3813億…前年比14%増加]



サムスンSDSの3四半期の売上が3兆3813億ウォンを記録し、前年同期比13.9%増加した。2220億ウォンを記録した営業利益の増加率は1%に止まった。

27日、サムスンSDSは売上3兆3813億ウォン、営業利益2220億ウォン、当期純利益1994億ウォンを記録した3四半期の暫定業績を公示した。前年同期比、売上げは13.9%増え、営業利益と当期純利益はそれぞれ1.0%、23.9%増加した。

売上の中で、ITサービス事業は3.3%増加した1兆3792億ウォンを記録した。クラウドサービス、全社的資源管理(ERP)対外事業、スマートファクトリー構築実績の拡大による結果だ。

ITプラットフォーム基盤の物流事業は22.6%増加した2兆21億ウォンを記録した。IT製品の取扱量の増加、海上物流運賃の上昇、対外事業拡大などの影響だ。このうち、対外売上だけが54%増加した3810億ウォンを記録し、物流事業19%の割合を占めた。対外サービス・地域拡大の成果だ。

サムスンSDSの関係者は"IT分野において高度化された企業向けクラウドサービスの提供、次世代ERP基盤の対外事業、スマートファクトリー業種の多角化で事業を拡大し、物流分野で顧客社の取扱量の増加に備えながら、チェロスクエア基盤のデジタルフォワーディング事業を拡大する方針"と述べた。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기