ジンエアー、1四半期の営業損失601億ウォン…赤字幅の拡大

[ジンエアー、1四半期の営業損失601億ウォン…赤字幅の拡大]



ジンエアーは今年1四半期の売上高439億ウォン、営業損失601億ウォンを記録したと17日、公示した。

昨年1四半期と比べると、売上は1439億ウォンで、69.5%減少しており、営業損失は313億ウォンで、92%増えた。当期純損失も458億ウォンから721億ウォンに拡大された。

ジンエアーは"新型コロナの長期化で、国際線旅客の収益が激減し、業績不振が続いている"、"格安航空会社(LCC)の国内線の供給集中による競争の激化で、収益性が悪化した"と述べた。

ジンエアーはコロナ変異ウイルスなどの拡散で、2四半期も営業環境の不確実性が持続されるものと展望した。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기