現代ウィア、1四半期の営業利益274億ウォン…昨年同期比67.6%減少

[現代ウィア、1四半期の営業利益274億ウォン…昨年同期比67.6%減少]



現代ウィアは今年1四半期の営業利益が274億ウォンで、昨年同期間より67.6%減少したと23日、公示した。

売上は1兆8550億ウォンで、昨年1四半期と比較すうと、12.6%増加し、純利益(225億ウォン)は同期間70.6%減少した。

現代ウィアは昨年1四半期、通常賃金の戻し金797億ウォンを除けば、今年1四半期の営業利益は昨年同期比224億ウォン増えたわけだと説明した。

事業部門別では車両部品の売上が1兆6860億ウォン、機械事業部門の売上が1690億ウォンを記録し、昨年1四半期よりそれぞれ14.7%増加、4.6%減少した。

今年1四半期に現代ウィアの車両部品事業は420億ウォンの営業利益を記録した一方、機械事業部門は150億ウォンの営業損失を記録し、赤字転換した。

完成車の売上増加によって、エンジンや4輪駆動モジュールなどの部品売上も共に増加したものとみられる。

現代ウィアは2四半期から現代自動車グループの電気車向けプラットフォーム(E-GMP)モジュールに搭載される「機能統合型ドライブアクスル(IDA)」の売上が拡大され、業績が改善されるものと見ている。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기