[チョン・ソンチュンのコラム] 近くて遠い韓中日・・・共存と協力の道探し

[写真・執筆=チョン・ソンチュン対外経済政策研究院副院長]


昨年12月、筆者は日本京都で開催された韓日中協力国際セミナーに出席したことがある。このセミナーでは外交・安保、経済・通商分野で韓日中3カ国が協力できる分野と方案を議論した。果たしてこれら3国は効果的な協力の枠組みと具体的な成果を出せるのか。セミナーで議論を見守りながら、筆者は近隣の3カ国が依然として克服すべき多くの課題を抱えていることを改めて確認した。米中覇権競争が激化する昨今の国際秩序の中で、韓日中3カ国の疎通と協力は東アジア地域での経済的繁栄、ひいてはこの地域での平和共存に決定的に重要である。今回のセミナーで明らかになった3国の主張と関心が何かを簡単にまとめてみよう。

まず外交・安保の分野だ。中国は何よりも自国の「核心利益」を強調する。中国の核心利益は領土と主権、政治体制、そして中国独自の経済成長方式など譲歩できない利益だ。そして、これを侵害する場合、妥協しないという意志が表明される。中国は多国籍主義を強調し、この地域の外部にある勢力による干渉を排除する。言い換えれば、米国の干渉を批判し、米国が主導する一部の国のグループ活動を中国を排除するためのものと警戒する。日本に対しては米国従属化を憂慮して批判する。中国の現代化政策は、米国に勝ってグローバル覇権を握るためのものではなく、中国人のためのものだと主張する。

一方、日本の立場は全く違う。2022年12月、日本は安全保障に関する3つの文書(国家安全保障戦略、国家防衛戦略、防衛力整備計画)を改正した。改正の核心は反撃能力を保有することだ。このため、ミサイル戦力を大々的に強化し、防衛費を大幅に増額することだ。日本は2027年までにGDPの2%水準まで防衛費を拡充する計画だ。日本の発表者は、中国の脅威を特に強調した。中国海岸に日本に向けたミサイルがどれだけ多いかと、反撃能力のない日本の防衛力を嘆いた。そして防衛力増強は、中国をはじめとする周辺国の軍事的脅威の増加に対応した最小限の防御的対応であるという点を強調した。ロシアのウクライナ侵攻の原因として、米国の対応失敗を批判した。すなわち、米国はウクライナがNATO加盟国ではなく、米国の軍事的対応義務がないと述べたことがあるが、これがウクライナ侵攻の原因になったと批判し、東アジア地域でこのような地政学的な危機管理の失敗が繰り返されてはならないと強調した。日本の国防に対する自信の欠如が読み取れる部分でもある。

経済協力に対する立場も違っていた。中国はグリーン転換での協力を強調した。韓日中3カ国は全世界3分の1程度の二酸化炭素を排出しており、これを減らすための画期的な対策が必要だと主張し、中国は2060年までにカーボンニュートラル(炭素中立)を達成すると約束した。中国はこのため石炭の比重を減らし、再生可能エネルギーの使用を拡大する方針だが、特に3国の再生可能エネルギー協力を強調した。韓日中の水素エネルギー協力は新興成長分野であり、実際に3国企業間の協力事例が増加していると主張しする。特に1対1の対象国家を中心に日中、韓中間の再生可能エネルギー協力を推進することが効果的だという立場だ。中国は韓国と日本の力量を一対一路事業の推進に活用しようという意志を示した。中国は北東アジアでのクリーンエネルギーグリッド協力についても需要が増加しているとみている。このような協力のために、中国は健全な競争のルールを作り、クリーンエネルギー産業のサプライチェーンを域内に構築し、韓日中+第四者間の長期協力メカニズムを整備していくべきだと思う。

これに対して日本は全く異なる立場である。日本は2050年のカーボンニュートラル目標を達成するために再生可能エネルギーの普及を拡大することが必要である。特に水素エネルギー分野でクリーン水素の安定的な供給確保とこれを実現するための国際協力体制の構築に力を入れている。しかし、中国との協力には生ぬるい。むしろ日本側の発表者は脱中国の必要性が高まっている現実を指摘する。日本企業は1990年代の中国進出後、2000年代に世界の工場として中国中心のサプライチェーンを電気・電子、IT、自動車産業を中心に構築したが、2010年代以降、生産拠点としての中国より市場としての中国の重要性が高まり、ASEANの生産コストが相対的に低くなり、ASEANへの拠点移動が増えた。2015年以降、タイとマレーシアの市場として重要性の増加と共に、これら以外の東南アジア諸国への生産拠点移動が発生した。特にこの時期から日本国内への回帰現象が現れ始めた。2020年以降は新型コロナウイルス感染症や円安、ウクライナ戦争などの影響により経済安全保障の重要性が高まり、サプライチェーンの再構築の必要性が本格的に議論されている。このような状況で、なぜ中国との協力が必要なのか。日本の発表者の反問だ。日本企業は中国市場を失いたくないが、国際情勢の変化とともに脱中国を余儀なくされる状況に追い込まれていると見ている。討論者として出た日本のある学者も、グリーン転換であれデジタル転換であれ、なぜ韓中日協力をしなければならないのか重要性が分からないと主張する。むしろ米国やEUと協力した方が効果的ではないか、と反問する。

通商協力でも3国の立場は異なる。近年関心の的となっているのはIPEF、CPTPP、そしてRCEPである。中国はCPTPPへの加盟を求めて交渉しているものの、日本は中国の加盟に否定的だ。韓国もCPTPPに加入したいと考えているが、日本はこれを交渉カードとして使おうとしている。すなわち水産物輸入規制解除や徴用労働者賠償と関連した葛藤を解決するという条件を付けている。韓国と日本は米国主導のIPEFに積極的に参加している。しかし、中国はこのような小グループ活動に対して「中国排除」と批判している。 韓日中が参加したのがRCEPだが、日本はここでも消極的だ。インドの参加が取り消されたため、中国はリーダーシップを発揮しやすくなった。アセアンが主導するように見えるが、事実上中国主導の協定だ。日本はRCEPよりは関税障壁がはるかに低く設定されたCPTPPをより好み、地政学的または歴史的理由で韓国と中国の参加をそれほど望まない。実に複雑な三角関係に違いない。

コロナ禍の影響が残っているためか、観光客で賑わっていた京都は、まだコロナ以前に戻っていない。京都市は最近、高級ホテルを多く誘致したという。宿泊費が1日に数百万ウォンもする高級ホテルが増えた。それだけ支払能力のある人々の京都訪問を望んでいるという話だ。あまりお金を使わずに混雑だけを起こす人々より余裕を持って支出しながら悠々と観光を楽しめる人々を誘致すれば京都市としては一挙両得だろう。韓国と中国の一般観光客からすると、こうした京都市の戦略はどう見えるのだろうか。もう少し庶民のための観光を支援する政策を望むだろう。しかし、京都市の立場は違う。あまりにも多くの人が訪れ、むしろ住民の生活の質が落ちることを懸念しているからだ。高級化戦略はこれに起因する。近いくても違いすぎる三国。相手の立場に立ってお互い理解しなければならない。この地域の平和と繁栄のために、東アジア地域の観点からお互いを理解するための努力が切実に求められる 。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기