[CES 2023] サムスン電子、CES 2023でモニター新製品の大挙公開

[[CES 2023] サムスン電子、CES 2023でモニター新製品の大挙公開]


 
サムスン電子が5日から8日(現地時間)まで米国ラスベガスで開かれる世界最大技術展示会「CES 2023」で、世界初のデュアルUHDゲーミングモニターなど今年発売する新製品を大挙公開する。
 
代表的な製品は4種だ。 △世界初のデュアルUHD解像度に対応するゲーミングモニター「オデッセイネオG9」 △OLEDパネルを搭載したゲーミングモニター「オデッセイOLED G9」 △5K高解像度モニター「ビューフィニティS9」 △「スマートモニターM8」などだ。
 
サムスン電子・映像ディスプレイ事業部のジョン·フン副社長は“多様な消費者の要求を反映し、2023年型モニター新製品ラインナップを完成した”とし、“今後もサムスン電子の技術革新とノウハウを土台に、最高の使用経験を提供する製品を持続的に披露する”と述べた。
 
◆世界初のデュアルUHDカーブドゲーミングモニター「オデッセイネオG9」
 
オデッセイネオG9は既存モデル(49型)対比約37%(面積基準)大きくなった57型サイズと1000R曲率のカーブドデザイン製品で、世界で初めてデュアルUHD解像度を支援するゲーミングモニターだ。
 
特に、モニターの中では世界で初めてDP(DisplayPort)2.1規格を支援し、最高水準の画質具現が可能だ。 DP2.1規格はDP1.4対比約2倍以上データ伝送速度が速く、映像情報を歪曲なしに伝送可能な視覚的無損失圧縮DSCコーデックが適用された。
 
従来のLED対比40分の1(高さ基準)大きさに小さくなった「クォンタムミニLED」を光源として使用し、サムスン独自の画質技術である「クォンタムマトリックス技術」と「VESA Display HDR™1000」規格を満足する。
 
◆240Hz 高走査率·0.1ms反応速度の「オデッセイOLED G9」
 
サムスン電子は49型サイズのOLEDパネルが適用されたオデッセイOLED G9も披露する。 オデッセイOLED G9は1800R曲率のカーブドデザインに、32:9ワイドスクリーン画面、デュアルQHD(5120x1440)解像度を支援するゲーミングモニターだ。
 
ピクセル単位で明るさ調節が可能なOLEDパネルを搭載し、最大240Hzの高走査率とリアルタイムに近い0.1ms(GTG)の反応速度を支援するのが特徴だ。
 
PCなしでも多様なOTTコンテンツを楽しめる「サムスンスマートハブ」とストリーミングゲームプラットフォーム連動サービスである「サムスンゲーミングハブ」を搭載し、プライムビデオ·ネットフリックス·ユーチューブはもちろん、Xbox Game Pass·GeForce Nowなどのゲーミングサービスを利用することができる。
 
◆5K高解像度対応のプロフェッショナル向けモニター「ビューフィニティS9」
 
サムスン電子はグラフィックデザイナーや写真作家など長時間高画質イメージと映像作業が必要な専門家のための最高級高解像度モニター「ビューフィニティS9」を公開する。
 
27型サイズのビューフィニティS9は、QHD対比4倍多い約1500万画素の5K(5120x2880)解像度にDCI-P3基準の99%カラーを表現し、色歪曲の標準偏差であるDelta E値は2以下で、実際のような正確な色を具現する。
 
ホワイトバランスとガンマなど精巧な画質矯正が可能な「ハードウェアキャリブレーション」機能だけでなく、スマートフォンアプリで簡便に画質を矯正できる「スマートキャリブレーション」を支援する。 また、USBタイプCとサンダーボルト(Thunderbolt)4を全て支援し、多様なモバイル機器を連動させて使用することができる。
 
磁石を利用して簡単に脱着が可能な4K高画質「スリムフィットカム(Slim Fit Cam)」カメラを利用し、Google Meetなど画像ソリューションアプリで遠隔会議を進行するにも便利だ。
 
◆スマートシンスエコシステムの中心、「スマートモニターM8」
 
サムスン電子は27型·32型サイズの「スマートモニターM8」も披露する。 UHD解像度製品で、カラーはWarm White、Sunset Pink、Spring Green、Daylight Blueの4種類だ。
 
2023年型新製品はマッター(Matter)とHCA(Home Connectivity Alliance)標準を支援するスマートシンスハブ(SmartThings Hub)を基盤に、多様な機器を自動的に連結し、制御·管理できるのが特徴だ。
 
これを通じて「マイコンテンツ(My Contents)」機能を初めて支援するが、モバイル機器とモニターを低電力ブルートゥース(BLE)に連結すれば、使用者がモニターに近づくことを認識し、日付·時間などの基本情報と写真·日程などのオーダーメード型情報をモニターで見せてくれる。
 
この他にも縦·横画面転換(Pivot)とより人体工学的な上下角度調節(Tilt)が可能であり、リモコンだけでなく、マウスでもOTTサービスの選択·制御ができるようアップグレードされた。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기