英国 "大韓航空-アシアナの合併是正案、原則的に受け入れる"

[英国 “大韓航空-アシアナの合併是正案、原則的に受け入れる”]


 
英国が大韓航空とアシアナ航空間の合併を事実上承認した。
 
英国の独占規制機関である競争市場庁(CMA)は28日(現地時間)、“大韓航空が提案した企業結合方案またはその修正方案を受け入れる根拠がある”と明らかにした。
 
先立って今月中旬、CMAは大韓航空とアシアナの合併に対し、“両航空会社間の合併で航空券価格引き上げとサービス下落が予想される”とし、大韓航空に独寡占を解消する方案を提出することを要求した。 その後、大韓航空が両社合併案修正案を提出すれば、CMAはこれを受け入れるか、または2次調査を実施するかを決めることになっていたが、今回の決定でCMAが修正案を受け入れたのだ。
 
大韓航空は英国航空会社が仁川~ロンドン路線に新規就航すれば、市場競争性を維持できるとCMAに提案したと知られた。 CMAは今後、市場の意見などを収集した後、大韓航空とアシアナ航空の合併を最終承認する見通しだ。
 
業界では是正措置案が受け入れられただけに、合併承認が出る可能性が高いと見ている。 大韓航空は“今回の決定を肯定的に考える”とし、“英国競争当局の企業結合審査が早く終結できるよう、誠実に協力する”と述べた。
 
英国は企業結合任意申告国だが、フランスとイタリアなど欧州連合(EU)と類似した航空市場であるだけに、英国が合併を承認すれば、今後のEU審査にも肯定的な影響を与えるものと展望される。 任意申告国とは、企業結合申告が必須ではないが、今後、当局調査の可能性を考慮して大韓航空が自発的に申告した国を意味する。
 
大韓航空は現在、必須申告国である米国、欧州連合(EU)、日本、中国で企業結合審査を受けている。 米法務部は15日、追加検討の立場を明らかにした状態で、これら国家のうち、1カ国でも合併を承認しなければ、両社合併は失敗に終わる。
<亜洲経済の記事等を無断で複製、公衆送信 、翻案、配布することは禁じられています。>
기사 이미지 확대 보기
경북 포항시 경북 포항시
닫기